TOP > ニュース

【新日本キック】王者・渡辺健司の変則スタイルの源はメイウェザー

2017/12/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本ウエルター級王者・渡辺健司(左)と元NJKF日本ウェルター級王者・大和侑也(右)

 12月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される『SOUL IN THE RING 15』の第11試合で対戦する日本ウエルター級王者・渡辺健司(伊原道場稲城支部)と元NJKF日本ウェルター級王者・大和侑也(大和ジム)の試合直前インタビューが、主催者を通して発表された。

 前戦となった9月の元DEEP KICK王者・憂也との試合では引き分けに終わった渡辺。「大変素晴らしい選手でしたが、若い選手なので舐めていた部分がありました。かなり様子を伺い過ぎて消極的になってしまったので、1Rからプレッシャーをかけていけば良かったなと。3Rに取り返さないといけないと思い攻めにいきそこで終わってしまったので悔いが残った試合でした。出来れば再戦したい気持ちは強くあります」と猛反省。

変則的なスタイルを得意とする渡辺

 渡辺は変則的なスタイルであることから「周りから“やりづらい”とよく言われます。自分は一発があるタイプではなく、自分が得意なのはディフェンス力です。フロイド・メイウェザーのディフェンスはかっこいいなと思い、メイウェザーの映像をよく見るようになってからは避ける技術が上がりました」と元ボクシング五 階級制覇王者フロイド・メイウェザーのスタイルの影響を強く受けているという。

 大和の印象については「試合が決まってからYoutubeでの試合映像を見ましたが、とてもテクニックがあり、僕とやったらうまく噛み合う試合になるんじゃないかと思います。大和選手はビッグネームなので試合が楽しみです」といい、「団体の看板を背負って出るので、自分が負けたら新日本キックは弱いと思われてしまうので絶対に負けられないという気持ちで試合に臨んでいます」と新日本キックの王者の強さを見せたいという。

パンチが得意な大和(左)

 対する大和は新日本キック初参戦。「まず最初に他のリングと違うと思ったのは、当日計量であること。以前はNJKFも当日計量で当時の自分は全然身体が出来ていなく、減量もなかったので特に気になっていませんでした。今回、契約体重がいつもより重いので、どのような感じで動けるのか楽しみでもあります」と試合が待ち遠しい様子。

 対戦する渡辺については「変則的な動きをする選手ですよね? 対戦相手は渡辺選手のぺ―スに飲まれていつの間にか3Rが終わってしまったという展開になっているんだと思います」といい、「相手のペースに付き合わずに、自分のペースで戦えば絶対に隙が出てくるので攻撃を当てます」と攻略に自信を見せる。

 団体の看板を背負った対決となり、「意識はあんまりしていませんが、自分はNJKFの選手なのでここで下手な試合をしたらNJKFの価値を下げてしまうことになるので他の団体の選手には負けたくないですし、負けられません。“NJKFの大和は強い”と思わせる試合をします。最後の試合で負けたらいい1年じゃなかったと思ってしまうので、しっかりとKOで締めたい」とKO勝利を予告している。

【大会・チケット情報】 12・10 新日本キックボクシング協会 「SOUL IN THE RING 15」

●編集部オススメ

・江幡睦、弟・塁のKNOCK OUT出陣と同日にタイ人と激突

・江幡睦、兄弟揃ってのKO勝利で「江幡祭りにする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース