TOP > ニュース

【NJKF】北野vs畠山でWBCムエタイ日本統一王座決定戦

2017/12/11(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

NJKF王座に続き2本目のベルトを狙う北野(左)と、NJKFスーパーライト級1位の畠山で王座決定戦

 2018年1月14日(日)大阪・旭区民センター大ホールで開催される『NJKF 2018 west 1st』(誠至会主催)のメインカードが発表された。

 前王者・山口裕人(山口道場)が返上して空位となったWBCムエタイ日本統一スーパーライト級王座を賭けて、北野克樹(誠至会)と畠山隼人(E.S.G)が対戦する。

 同級1位の北野は、NJKF同級王者。11月26日にエディオンアリーナ大阪で行われた『ホーストカップ』で、元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウトジムをヒジありルールで降して勢いに乗っている。北野はこの試合後「タップロン戦を経験して自分はまだまだ強くなれることを確信した」とコメントしており、今回の統一タイトル戦についても「必ず2本目のベルトを獲る」と闘志を燃やす。

ホーストカップでタップロンにハイキックを入れる北野

 対する同級3位の畠山は、北野が勝利したホーストカップと同日に行われたNJKF後楽園ホール大会で山崎遼太を判定で降し、こちらも勢いに乗っている。

 一気に2階級上げて調子も上がった北野は左ハイキックを得意とし、畠山はフィジカルの強さに定評があり、ローキックが得意。巡ってきたチャンスを手にしてベルトを巻くのはどっちだ。

<決定対戦カード>

▼メインイベント WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王座決定戦 3分5R
北野克樹(誠至会/WBCムエタイ日本統一スーパーライト級1位、NJKF同級王者)
vs
畠山隼人(E.S.G/WBCムエタイ日本統一スーパーライト級3位、NJKF同級1位)

●編集部オススメ

・ホーストカップで北野がタップロンを降す

・【ムエタイ】NJKF王者・北野克樹、ルンピニーで善戦も惜敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース