TOP > ニュース

【シュートボクシング】計量クリアーの笠原友希がKO宣言、新技「ザカリアキック」を用意

2017/12/16(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をクリアーした笠原友希(左)と臣龍(右)

 12月17日(日)東京・浅草花やしきで開催される『SHOOTBOXING 2017 ヤングシーザー杯 in 花やしき act.5』の前日計量が、16日(土)都内にて17:00~行われた。

 メインイベント、スーパーバンタム級(55.0kg)で対戦する超新星・笠原弘希の弟で16歳の笠原友希(シーザージム)は54.9kg、臣龍(しんりゅう/チーム絆)は54.85kgで計量を一発クリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 現在5戦無敗を誇る笠原は前戦となった10月の花やしき大会ではWMC日本スーパーフライ級王者・山田航暉からダウンを奪って判定勝利を収めた。「前回KOを逃したので、今回KOできるように技を磨いてきました」とKO決着に自信を見せる。

 新しい蹴り技を用意したといい、その名も“ザカリアキック”。S-cup-65kg世界トーナメント2016王者ザカリア・ゾウガリーの蹴り技に似ていることから命名したというが、技の詳細については秘密とのこと。

「タイトルマッチ(王者・内藤大樹)挑戦者に選ばれるような試合をしていきたい」と王座を意識した戦いをすると意気込みを語った。

 一方、臣龍は小学4年からキックボクシングを始め、九州地方で期待されている超新星(若干16歳)。初のSB参戦となり、「得意技はローキックです。SBルールに対応できるように投げ技の練習をしてきました。(笠原は)強い選手ですが、KOで倒したい」とこちらもKOを意識した戦いをしたいとした。

【大会・チケット情報】 12・17 シュートボクシング協会「SHOOTBOXING 2017 ヤングシーザー杯 in 花やしき act.5」

●編集部オススメ

・香港大会に坂本優起、MIO、MISAKI出陣

・香港に乗り込むMISAKI「勝つで」、未奈「フルボッコ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース