TOP > ニュース

【ROAD FC】女王ハム・ソヒに手痛い勝利の代償

2017/12/29(金)UP

勝ち名乗りを受けるソヒだが、上に掲げられ左腕は骨折していた。右写真はソヒのレントゲン画像

 12月23日(土・現地時間)韓国・ソウルのグランドヒルトン・コンベンションセンターで開催された総合格闘技イベント『ROAD FC XX 045』について、主催のROAD FCは負傷した選手の情報を27日(水)に公表した。

 メインイベントの女子アトム級タイトルマッチで1R4分40秒のTKO勝ちを収め、初防衛に成功したハム・ソヒ(30=韓国)が左手首を骨折し、全治4〜6カ月の診断を受けたことが分かった。

試合を決めたソヒの左ストレートが炸裂する瞬間

 サウスポーのソヒは試合の中でたびたび左ストレートを放っており、試合を決めたのもカウンターの左ストレート。この一撃で挑戦者ジン・ユ・フレイ(32=アメリカ)がマットに崩れ落ちたところでさらに左の鉄槌を連打し、レフェリーストップを呼び込んだ。

 骨折はこのいずれかの過程で起きたようで、ソヒにとっては手痛い勝利の代償となった。

 ソヒは渡辺久江、石岡沙織、長野美香ら日本のトップ選手を次々と破り、2013年5月にDEEP JEWELSアトム級王座を獲得した実績を持ち、2014年12月には韓国人女性として初めてUFC参戦を果たすなど、韓国の女子MMAを牽引。UFC離脱後は母国のROAD FCに参戦し、今年6月に黒部三奈を破って初代ROAD FC女子アトム級王座に就き、今回は初防衛戦であった。

●編集部オススメ

・女王ハム・ソヒが最強挑戦者を左ストレート一閃

・ハム・ソヒがDEEP JEWELS王者をTKO葬、涙の戴冠果たす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース