TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥「ピリピリした試合を望んだが…」バンタム転向理由明かす

2017/12/31(日)UP

試合後、会見でバンタム級転向について語る井上(左)と大橋会長

 12月30日にWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで井上尚弥(24=大橋ジム/王者)がヨアン・ボワイヨ(29=フランス、同級7位/挑戦者)を3Rに左ボディブローで3度のダウンを奪い、1分40秒でTKO勝利。7度目の防衛に成功した。

 井上は試合後の会見で「相手の長身(6cm相手が上)は気にならず、プランどおり戦えた。(相手は)左のパンチを打ったあとに体が流れるので、打ち終わりを当てようと試合前から計画していた。最初は距離感をつかみたかったので、特にこっちから攻めなかった。アップライトしてみたりしゃがんでみたり、色々な状況を試した」と作戦通りにスムーズに進んだ結果であると話した。

左ボディで3度のダウンを奪いTKO勝利した井上

 また、バンタム級転向については「なかなか対戦相手が決まらない中で、試合を引き受けてくれた相手に、こう言ってしまえば失礼だが、ピリピリした試合を望んでいるので、その点では今回の内容は喜べない。バンタム級に上げて緊張感のある試合を味わいたい。3回はセコンドからもゴーサインが出ていたので行こうと思った。オマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦から始まったスーパーフライ級での試合はアメリカ遠征も含めていいキャリアになったと思っている」と、試合への緊張感の欲求と、それに見合う対戦相手がおらず、なかなか試合が決まらないことを理由に挙げた。

 既に2階級制覇している井上、来年からはバンタム級に転向し3階級制覇を狙う。バンタムに上げれば先月、世界戦11秒という最短KO記録を出したWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(29=南アフリカ)が井上戦に意欲を見せており、井上も挑戦者の立場でどんどん挑んでいきたいとしている。2018年からは井上のバンタム級での注目の一戦が並びそうだ。

●編集部オススメ

・井上尚弥がTKO勝利でV7達成、来年はバンタム転向示唆

・ゾラニ・テテが11秒、世界戦最速KO記録を更新

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース