TOP > ニュース

【RIZIN】堀口恭司「世界の強豪をおびき寄せたい」

2018/01/01(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

圧倒的な強さを見せつけてバンタム級トーナメントを制覇した堀口。世界からの挑戦者を求める

 2017年12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の一夜明け会見が、1月1日(月)都内にて行われた。会見には29日と31日に勝利を収めた日本人選手全員が出席(トーナメントは優勝者のみ)。

 バンタム級トーナメントを全試合KO・一本勝ちの完全決着で制した堀口恭司(アメリカン・トップチーム)は、「今年もしっかりRIZINを盛り上げていくのでこれからもよろしくお願いします」とあいさつ。

 2018年の目標を聞かれると「自分はRIZINという格闘技の団体をもっともっと有名にしたい」と、自他ともに認める“RIZINのエース”としてRIZIN愛を語った。

 ぶっちぎりの優勝を飾ったためもはやバンタム級に相手がいないのでは、との質問には「上の階級に上げることも考えている」と答えた堀口だが、「まだまだバンタム級にも世界には強い選手がいる。そういう選手たちをRIZINにおびき寄せられたら、と思っています。そうすればもっともっと盛り上がって来ると思うので」と、自分の首を狙ってRIZINに参戦してくるようにしたいという。

 最も参戦して欲しい選手は、との質問には「デメトリアス」と無敵のUFCフライ級王者(防衛13回)で、UFC時代の堀口に唯一の黒星を付けたデメトリアス・ジョンソン(アメリカ)の名を挙げ、「今なら勝てます」と言い放った。

●編集部オススメ

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月31日

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月29日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース