TOP > ニュース

【NJKF】二冠王目指す北野克樹「KO決着ですね」

2018/01/08(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

NJKF王座に続き2本目のベルトを狙う北野(左)と、NJKFスーパーライト級1位の畠山で王座決定戦

 1月14日(日)大阪・旭区民センター大ホールで開催される『NJKF 2018 west 1st』(誠至会主催)のメインイベントで、WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王座を賭けて対戦する北野克樹(誠至会)と畠山隼人(E.S.G)のコメントが主催者を通じて届いた。

 同級1位でNJKF同級王者の北野はハイキックを得意とし、昨年11月には元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウトジム(タイ)を破っている。

「タップロン戦は自分に足りない物を感じられた一戦で、あの一戦でまたさらにレベルアップしたと感じます」と北野。今回は「調子はいつも通り絶好調です」と言い、「このチャンスを何が何でも必ずものにする」と意気込む。

北野のハイキック

 対戦する畠山を「パンチャーの印象ですね」と評するが、「KO決着ですね」とKO予告。

 畠山も「絶好調です。昨年は6月の復帰戦で勝利できて、11月にも勝利することができ、良い流れでタイトルマッチまでこれました」と絶好調宣言。

 タイトルマッチはこれが初となるが「素直にラッキーとは思いましたが、やることは変わりません」と言い、北野の印象を「強いというより、上手い選手だと思います」と話す。

「いかに当てるかが勝負のカギになると思います」とし、「胸を借りるつもりでいきます」と挑戦者の気持ちで臨むとした。

【大会・チケット情報】 1・14 NJKF誠至会「NJKF 2018 west 1st」

●編集部オススメ

・豪華三大タイトルマッチが決定、能登龍也vsタネヨシホがベルトを懸けて決着戦

・元王者・波賀が小笠原・兄へのリベンジ目指し二階級制覇・前田と激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース