TOP > ニュース

【RISE】3勝3KO正道会館の倒し屋が4度目の参戦

2018/01/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

3連続KOの空手家・山田(右)が、ボクシング出身の緒方(左)と対戦

 2月4日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 122』の追加対戦カードが発表された。今大会の最終発表カードとして、緒方惇(チーム緒方)vs山田洸誓(正道会館高知)が決定。

 山田は正道会館の全日本選手権大会軽量級を連覇している空手家で、キックボクシングでは3戦全勝3KOと倒し屋ぶりを発揮。RISE初参戦となった昨年3月は田村亮太朗をハイキック一発で1Rわずか24秒でKO、5月大会ではポッシブルKを2R49秒、ヒザ蹴りでKO。3度目の参戦となった10月大会ではTAIRAを左右フックで3度ダウンさせてKO勝ちした。

山田のパワフルなハイキック

 パンチでも蹴りでも倒せるパワーファイターで、伊藤隆RISE代表も今後に期待を寄せる新鋭である。

 その山田と対戦する緒方はアマチュアボクシングで国体準優勝の実績を持ち、様々なリングで試合経験を積む。

 山田がKO勝ち記録を伸ばすのか、それとも緒方が経験を活かしてプロの洗礼を浴びせるのか。

<追加決定カード>

▼オープニングファイト スーパーライト級(-65kg)3分3R
緒方 惇(チーム緒方)
vs
山田洸誓(正道会館 高知/2016・2017年正道会館全日本空手道選手権大会軽量級優勝、第26回全日本新空手道選手権大会K-2GP軽中量級優勝)

【大会・チケット情報】 2・4 RISEクリエーション「RISE 122」

●編集部オススメ

・戦う漫画家が6年ぶりに復帰、極真ベイノアが初参戦

・“鉄拳”リーが一階級上のK-1 GLOBAL王者・秀樹と対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース