TOP > ニュース

【J-NETWORK】坂本英則vsOD・KENなどヘビー級2試合が決定

2018/01/24(水)UP

ランキング1位の坂本(右)が迎え撃つのは、一昨年に寒川直樹に勝ち、今年1月7日に新日本ヘビー級王者・柴田をKOで倒した実力者・OD(右)

 3月4日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『J-KICK 2018~1st~』の追加対戦カードが発表された。

 J-NETWORKヘビー級1位の坂本英則(修実館)が参戦。ライトヘビー級4位のOD・KEN(ReBORN経堂)と対戦することが決定した。

 坂本は2014年のJ-NETWORKヘビー級新人王トーナメントで準優勝。昨年3月のJ-NET興行にて、格上のダビデ篤志に勝利しランキング入り。
 昨年8月には初のタイトルマッチに挑むも、MA王者のアレックス・ロバーツに4RTKO負けを喫し、12月にはチームドラゴンが誇るヘビー級ファイターの学武と対戦し引き分けと、最近は勝ち星を手にしていない。今回何としても勝利を物にしたいところ。

 対するODは昨年7月に行われたライトヘビー級挑戦者決定トーナメント準決勝で、空道王者の加藤和徳と対戦。右ストレートがカウンターでクリーンヒットし、レフリーが即座にストップし1RTKO勝利で決勝戦へと駒を進めたが、タイトル挑戦権を逃した。
 その後ヘビー級に階級を上げ、今年1月の新日本キックボクシング協会での試合ではヘビー級王者・柴田春樹と対戦。ゴングと同時のパンチラッシュで1RTKO勝利を収めている。

 坂本が2018年初戦で復活の狼煙を挙げるか。王者狩りのODがJ-NET1位の坂本も下すのか。

ベテランの小澤(左)がバーソロミュー・トシオ(右)を迎える

 また、ヘビー級ランカー対決としてヘビー級6位で元WPMF日本クルーザー級2位の小澤和樹(修実館)vs同級9位であるバーソロミュー・トシオ(PAL-GYM)の一戦も決定した。
 
 小澤は昨年12月の試合でランカーの遊笑(ゆうや)と対戦。距離をコントロールし試合を優位に進めながらヒジ打ちを繰り出し、6年8カ月振りの勝利を掴んだ。

 対するバーソロミューは2016年2月に地下格闘技のSKKB初代スーパーヘビー級王座を戴冠し、同年7月にJ-NET初参戦。植村真弥を2RKOで下し強烈なインパクトを残したものの、その後連敗が続いておりここで再起を飾りたいところだ。
 
 ベテランの小澤が連勝となるか、再起を懸けたバーソロミューがベテラン狩りに成功するか。

<追加対戦カード>

▼ヘビー級 3分3R ※ヒジあり
坂本英則(修実館/J-NETWORKヘビー級1位)
vs
OD・KEN(ReBORN経堂/J-NETWORKライトヘビー級4位)

▼ヘビー級 3分3R ※ヒジあり
小澤和樹(修実館/J-NETWORヘビー級6位、元WPMF日本クルーザー級2位)
vs
バーソロミュー・トシオ(PAL-GYM/J-NETWORKヘビー級9位、SKKB初代スーパーヘビー級王者)

【大会・チケット情報】 3・4 J-NETWORK「J-KICK 2018 ~1st~」

●編集部オススメ

・坂本が引き分け、小澤が6年ぶりの勝利を手にした12月大会

・新日本キックの王者を秒殺KOしたOD

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース