TOP > ニュース

【ボクシング】空手出身、小西伶弥が初の世界タイトル戦

2018/01/26(金)UP

神戸市内で会見を行った左から小西伶弥、真正ジムの山下会長、山中竜也

 ボクシングの真正ジムは26日、神戸市内で会見を開き、前日本ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級2位の小西伶弥(24=真正)の世界初タイトルマッチを318日(日)、兵庫県の神戸ポートピアホテルにて行うことを発表した。相手は同級1位カルロス・カニサレス(24=ベネズエラ)。

 WBA世界ライトフライ級王者だった田口良一(ワタナベ)が昨年の大みそかにWBA・IBFの統一戦に勝利したため、WBA王者からWBAスーパー王者にランクアップ。空位となったWBA同級王座をかけて争う。

得意の左ボディを叩き込む小西=昨年9月

 15試合全勝(5KO)の小西はこれまでミニマム級の選手だったが、今月9日、日本ミニマム級王座を返上、1階級上のライトフライ級に上げてから初の試合がこのタイトルマッチとなる。
 対するカニサレスは19勝(16KO)1分け。この1分けは一昨年(2016年)の大みそかに王者・田口とのタイトルマッチでのもの。田口はドロー防衛したが苦戦を強いられた。

カニサレス(左)のパンチが田口にヒットする=2016年大みそか

 この相手に対し小西はイーファイトの取材に答え「山下会長が僕の為に作ってくれたこのチャンスを、何がなんでも掴み取ります。 厳しい試合になりますが、みんなの期待に応える為に必ず世界王者なります」とコメント。
 小西は幼少の頃から高校2年までフルコンタクト(直接打撃制)空手のトップ流派でもある白蓮会館で修行し、交流試合で何度も優勝。破壊力のある接近戦のボディブローを得意とし、ボクシングに転向後は空手をベースに更に磨きをかけた。
 小西は同い年のこの強豪にどのような試合を見せるか。

 また、同興行ではタブルタイトルマッチとしてWBO世界ミニマム級王者の山中竜也(22=真正)と同級4位モイセス・カジェロス(28=メキシコ)が対戦する。初防衛戦となる山中は「鬼門と言われる初防衛戦ですが絶対に勝ちます」と決意を述べている。

●編集部オススメ

・田口がカニサレスに引き分け防衛

・小西伶弥が空手師匠に日本タイトル獲得を報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース