TOP > ニュース

【Krush】V3達成のピケオー、K-1二階級制覇も視野に

2018/01/28(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

一夜明け会見に出席したKrush-70kg王者ジョーダン・ピケオー

 1月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催された『Krush.84』の一夜明け会見が28日(日)都内にて行われ、メインイベントのKrush-70kgタイトルマッチで3度目の防衛に成功した王者ジョーダン・ピケオー(27=オランダ)が出席した。

 昨日の試合では、1Rに挑戦者・山内佑太郎(40=HALEO TOP TEAM)の右顔面前蹴りをアゴに受け先制のダウンを奪われたピケオー。

1Rに山内佑太郎の右顔面前蹴りをアゴに受け先制のダウンを奪われたピケオー

「あれはタイミングよく当たっただけで自分的にはスリップやフラッシュダウンという認識でいたんだ。ジムの会長からは、相手は年上なので楽にいけと言われていたけど、ダウンしたことで俺のスイッチが入ったね。スパーリングのような試合をしようと思ったけど、本気モードになったよ」と試合を振り返る。

 今後については「できるだけ日本で試合をしていきたい。すぐにでも防衛戦はできるし、今年は2~3回防衛戦ができれば」と日本での試合にやる気を見せる。

 K-1参戦も視野に入れており、「K-1だと70kg(現王者はチンギス・アラゾフ)、67.5kg(現王者は久保優太)でチャンピオンになりたい。67.5kgのベルトを狙う理由? 自分にとって新しいチャレンジ。もし機会があればぜひ戦ってみたい」とK-1二階級制覇を目標に掲げた。

●編集部オススメ

・山内がダウン奪うもピケオーの強打に沈む

・ピケオーが飛びヒザでダウン奪い日菜太を撃破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース