TOP > ニュース

【Krush】火薬準備中の”バズーカ”巧樹が稲石を挑発「こんにゃくマンを沈める」

2018/01/28(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

柔の稲石(左)か剛のバズーカ(右)か。正反対なタイプが激突

 3月10日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.86』の追加対戦カード発表記者会見が、1月28日(日)都内にて行われた。
 
 今回の発表でKrush -63kgのスーパーファイトとして、稲石竜弥(TEAM OJ)vs”バズーカ”巧樹(菅原道場)が決定した。
 
 稲石は30戦以上のキャリアを持ち、これまで第2代Bigbangライト級王者、第19代MA日本ライト級王者に輝いたことのある実力者。一方、バズーカはその名の通りバズーカのような豪快なパンチで常にKOを狙う好戦的なファイター。現在4連勝中と勢いに乗っている。
 
 バズーカは「3月10日までに火薬の準備を始めて、しっかりとやります」と挨拶。いつも通り火薬の準備をするという。稲石の印象を聞かれると「よくわからないです。特にないです。あまり他の選手に興味が無いので」と、自分のやるべきことに集中していると強調。

バズーカ(左)のバズーカのように発射されるパンチ

 一方、稲石は「今年、Krushに出まくってタイトルに絡んでいきたいです」と今年の抱負を語り、バズーカの印象について記者に聞かれると「試合を観たことはないのですが(バズーカ所属の)菅原道場は素晴らしい選手ばかりなので、(バズーカも)とんでもない選手だと想定して、油断せずに勝ちます」と、名門”菅原道場”に所属しているバズーカを警戒した。

 また、記者から「バズーカに対して稲石選手は何で対抗しますか?」という質問が飛び返答に困る稲石だったが、横に座る宮田プロデューサーが「こんにゃくのような柔らかい、相手と打ち合わない動きで対抗するのではないか」と代わりに答え、会見場に笑いが起きる場面も。
 
 最後に意気込みを聞かれた両者。バズーカが「3月10日、こんにゃくマンを沈めます」とKO宣言すると、稲石は「その、こんにゃくマンって誰だかわからないけど、バズーカ選手をブッ飛ばします」と、笑いを交えつつコメントした。

 さらに、Krush -53kgのスーパーファイトとして隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)vs小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)も決定。

隼也(左)vs小只(右)はKrush -53kgのサバイバルマッチだ

 小只は「フィジカルをしっかり鍛えて、普通に勝つのではなく印象に残るような勝ち方をします。それと、同門の軍司泰斗が持っている(Krush -53kgの)チャンピオンベルトが欲しいので、ここで勝ってもっと上に行きます」と宣言。一方、隼也は「久々のKrushなのでバチバチに打ち合って、会場を盛り上げて勝ちます」と気合い十分で意気込んだ。
 
 他に、プレリミナリーファイトとして林 京平(JTクラブジム)vs川口拓真(K-1ジム総本部チームペガサス)、三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs山田泰士(K-1ジム五反田チームキングス)、谷中蒼空(ドージョー☆シャカリキ)vs久保一馬(FIGHT CLUB 428)の3カードも発表された。

【大会・チケット情報】 3・10 グッドルーザー「Krush.86」

●編集部オススメ

・“バズーカ”巧樹のバズーカ炸裂、秒殺KOで4連勝

・昨年9月、トリッキーな動きでBigbangライト級王座の防衛に成功した稲石

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース