TOP > ニュース

【Invicta FC】魅津希の1年8カ月ぶり復帰戦が決定

2018/02/07(水)UP

魅津希(左)が元UFCファイターのデュディエバ(右)を相手に、1年8カ月ぶりの復帰戦に臨む

 3月24日(土・現地時間)アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティのユニオン・イベント・センターで開催される『Invicta FC 28』に、DEEP JEWELSストロー級王者・魅津希(みづき/23=空手道白心会)が出場することが、2月6日(火・同)に主催者(Invicta FC=インヴィクタ・ファイティング・チャンピオンシップ)から発表された。

 魅津希は10代の頃から国内外のトップレベルで活躍し、世界最高峰の『UFC』に参戦が期待されるファイターだ。2010年10月に16歳でプロデビューし、主戦場の『DEEP JEWELS』では2014年8月にストロー級(当時はライト級)王座を獲得した実績を持つ。

2015年8月にはベテラン・藤野恵実(左)の挑戦を退け、魅津希(右)はDEEP JEWELSストロー級王座の初防衛に成功している

 また、18歳で世界最大の女子MMAプロモーション『Invicta FC』と契約を交わし、2013年7月から継続的に参戦。ベック・ローリングス、カロリーナ・コバケビッチ、アレクサ・グラッソといった、後のUFC女子ストロー級トップファイターたちとの試合を経験し、現在までに3勝2敗の戦績を収めている。

 だが、2016年7月の『Invicta FC 18』でリン・アルバレスに一本勝ちを収めて以降は、負傷の影響もあって試合から遠ざかっており、今回は1年8カ月ぶりの復帰戦。

 そんな魅津希の対戦相手に決定したのは、UFC参戦経験を持つミラーナ・デュディエバ(28=ロシア)。UFCでは2014年8月のデビュー戦を勝利で飾ったが、その後は女子バンタム級トップファイターのジュリアナ・ペーニャとマリオン・レノーにTKO負けしてリリース(契約解除)となっている。

バックマウントから強烈なパウンドを落とすデュディエバ

 また、昨年7月から参戦したInvicta FCでも、現UFCファイターのマーラ・ロメロ・ボレラ、Invicta FCフライ級タイトルマッチ経験者のヴァネッサ・ポルトを相手に連敗。しかし、ポルト戦はTKO負けに終わったものの、1Rは豪快な首投げからバックマウントを奪取し、強烈なパウンド連打を浴びせてチョークであわやの展開も作っている。今回はストロー級に階級を下げて復活を目指す。
 
 注目の復帰戦を迎える魅津希。元UFCファイターを相手に勝利を飾り、UFC参戦に近づくことができるか。

●編集部オススメ

・魅津希が宿敵・藤野恵実を破り初防衛に成功

・UFCトップファイターのコバルケビッチと接戦を演じた魅津希

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース