TOP > ニュース

【Krush】急遽参戦の石田が破壊王ゴンナパーと打ち合い宣言

2018/02/11(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゴンナパー(左)vs石田(右)。急遽参戦の石田が大番狂わせを見せるか

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.85』の前日計量&記者会見が、2月11日(日)都内にて15:00より行われた。 
 
 第7試合のKrush-63kg次期挑戦者決定戦、WPMF世界スーパーライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)vs MA日本スーパーライト級王者・石田勝希(RKS顕修塾)は、共に62.8kgで計量クリアー。

 ゴンナパーは当初の対戦相手であった瑠輝也(るきや)から、石田に変更となった事について「少しもったいないという気持ちはありますが、自分のやる事は変わらないです。石田選手はパンチが強い選手ですが準備は出来ています」と語り、自分のやるべき事に集中している。

 そして「明日はKOだけしか狙っていません。必ず勝ちます。皆さん応援よろしくお願いします」とKO宣言。
 
 一方、石田は「急遽、試合が決まりましたが自分の力を出し切ります。(2月3日にオファーが来て即決したとの事だが?)即決した時は”やってやる”という気持ちだったのですが、いざ決まって”マジか”と思ったんですけど(笑)」と、強敵ゴンナパーとの対戦を決意した時の心境を語る。
 
 試合展開については「パンチしかないですね。蹴りはやばいと思うので、蹴りが当たらない距離で打ち合います。パンチだったら自信があるのでパンチで勝負します」と話し、自分の武器であるパンチで打ち合うという。

2月3日にオファーを受けてから、しっかりと約7kg落としてきた石田

 最後に「下馬評ではゴンナパー選手の方が上だと思いますが、試合が終わった後に『石田勝希凄かったな』と言われるような試合を出来るように頑張ります。判定決着にはならないと思うので必ずKO決着で、どちらかが最後立っていると思います。最後、僕が立っていた時はぜひ『良くやった』と言って頂ければ助かります。頑張りますのでよろしくお願いいたします」とファンへメッセージを送った。
 

●編集部オススメ

・瑠輝也に代わり石田勝希がゴンナパーと激突

・K-1甲子園出身の石田勝希が14戦無敗で新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

≫Krush公式サイト

TOP > ニュース