TOP > ニュース

【NJKF】白神武央、三度目のYATIとの因縁は前に出て断ち切る

2018/02/21(水)UP

16年2月、二度目の試合は白神(左)の左ヒジでYETI(右)がダウン。KOで王座を奪取した

 2月25日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『NJKF 2018 1st』でWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王座の防衛戦を行う、白神武央(拳之会)の試合前インタビューが主催者を通じて届いた。

 挑戦者は同級1位でNJKFスーパーウェルター級王者のYETI達朗(キング)。両者は実に3度目の対戦となり、白神が1勝1分と勝ち越している。
 ドローに終わった15年の初戦の後、第2戦は16年にYATIの持つNJKFスーパーウェルター級王座のタイトルマッチとして行われ、白神が2RKO勝ち。しかしそこから“復讐鬼”となったYETIは、16年10月から負けなしの5連勝で今回の試合に漕ぎ着けた。
 
 白神も「今回はYETIさんがすごく気合いが入っているという情報を聞いたので、あまり油断はできないと思っています」と勝ち越しだからと余裕を見せることはない。
「元々そんなに弱いとは思っていないし、ただ最近の試合を見てもそんなに人が変わるほど強くなったという印象はありません」と、警戒しすぎるでもなく冷静に相手を見据える。
 
 2戦目は2R左ヒジ打ちによるKO。完勝といっていい内容だったが「でもいい勝ち方をした2回目より1回目の均衡した感じというか、今回は苦しい試合にはなるかと思っています」と激闘を予想。
「ただ初めてやった時も均衡した試合でしたが、そこまで向こうの力が上とかそういうことは思いませんでした。だから今回も何とか踏ん張れるかなとは思っています」と分析の上、勝利のビジョンを展望する。

三度目はKOで返り討ち、因縁を断ち切る

 前2戦は相手が王者だったが、今回は自分が迎える立場だ。「2回やった相手はいるんですけど、3回目となると今回が初めて。今回きっちり防衛できたらもう2度とやることはないかなと思っています。だから今回きっちり勝って防衛をして、YETI選手との因縁は終わらせます」と今回で決着をつけることを表明。

 YATIは接近戦を得意とし、パンチやヒジによるKOも多いが「泥試合というか均衡した感じになっても、自分の方がYETI選手に劣っているとは思っていません。自分の階級は重たい分1発があるので『早いラウンドでそんなのをもらってしまったら……』という恐怖心みたいのはありますが、自分は最初から前に出るしかないので。2回目に戦った時みたいに、どんどんどんどんYETI選手を下がらせます」と、怯まず自分から相手を押し込んでゆくつもり。

 ファンに対しては「『またこのカードやるのかよ』みたいに思われる方もいるかもしれませんが、自分の中ではYETIさんとの試合は面白くないとは全然思いません。『何回見ても面白いな』と思ってもらえる試合をして、きっちり倒して防衛したいと思います」とKOでの防衛を予告した。

【大会・チケット情報】 2・25 NJKF「NJKF 2018 1st」

●編集部オススメ

・白神がYATIをKOし新王者に

・2015年の初回対戦 両者ドローに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース