TOP > ニュース

【K-1】登坂匠、かつての兄貴分に「心を折れるもんなら折ってみろ」

2018/02/21(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意のパンチで、かつての兄貴分が育てた軍司撃破を狙う登坂

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』に出場する、登坂匠(28=とさか・たくみ/HLEO TOP TEAM)が2月20日(火)都内所属ジムにて公開練習を行った。

 大道塾を代表する名選手で、キックボクサーとしてもUKF世界スーパーライト級王座&WMTF世界ジュニアウェルター級王座を獲得した加藤清尚トレーナーが持つミットに、得意のパンチを叩き込んだ登坂。囲み取材では同じチームのPRIDEウェルター級グランプリ2006王者・三崎和雄、元全日本ウェルター級&スーパーウェルター級王者・山内佑太郎も同席した。

 登坂は対戦するKrush-53kg王者・軍事泰斗(19=K-1ジム総本部チームペガサス)について、「勢いがあってオールマイティーで好戦的な選手。僕がデビューした年齢と同じ19歳なのに完成されている。僕が19歳だった時と比べたら全然強いと思う」と高く評価。

 しかし、「リングの上は人生や生き様が出るもので、僕は軍司選手よりもいろいろなことを経験してきている。その経験では負けていないと思うし、周りから『気持ちと身体では絶対に負けるな』と言われているので、気持ちと身体では絶対に負けません」と技術以外の部分で勝負するという。

 軍司の師匠・梶原龍児代表とは小学生時代に知り合い、ずっと兄のように慕っていた存在。その梶原が手塩にかけて育てた軍司と対戦することをどう思っているのだろうか。

「龍児さんが育てた軍司選手と戦うことには特別な想いがありますね。龍児さんは僕が10~11歳の時から背中を見続けてきた人なので、こういう形でK-1のリングで龍児さんの教え子と戦うとは思っていませんでした。

『新K-1伝説』(テレビ東京で放映中のK-1レギュラー番組)で僕が名古屋でKrushのタイトルマッチをやった時(2012年8月)に龍児さんと渡辺(雅和)さんがセコンドについているシーンが映っていて、それを見た時は何とも言えない感情が出てきました。『K’FESTA.1』はK-1のお祭りじゃないですか。そういう大会で(梶原の教え子と)戦えることに感謝しているし、僕の人生において晴れ舞台です。そこでしっかりいい試合することが僕の仕事です」

 また、梶原が「登坂選手の心を折って勝つ。それが彼のためになる」と非情な言葉を残していたが、登坂は「あんまり気にしてないですけど、折れるもんなら折ってみろって感じです。そんな簡単なものじゃないし、逆に僕が軍司選手の心を折ってやります」と言い放った。

 なお、同席した三崎と山内は登坂のことを以下のように評している。

三崎和雄
「匠と初めて会った時のことは凄く覚えていて、非常に真っ直ぐで情熱を持った子だという印象を受けました。それと同時に彼の迷いや孤独感も感じて、彼のことを助けたいと思って微力ながらトレーニングという面で彼のことをサポートするようになりました。そして去年、匠本人の意思もあってHALEO TOP TEAMの所属になり、ここ(HALEO表参道)で本人の得意な部分・苦手な部分を積み重ねて練習し、継続してやっているフィジカルも伸びています。今の匠は技術面・肉体面すべてにおいて強くなっていると思います。

 ご存知の通り、匠のスタイルはボクシングスタイルで、そこはスキルもレベルもアップしています。また苦手な部分を加藤先生に指導してもらうことで、苦手なことへの不安もなくなっている。だからこそボクシングも活かせるようになってきたので、今回の試合でも打ち合いに臨めると思います。匠がここまで育ってきた過程には梶原さんだったり、前所属のみなさんがいたからこそ今の匠があると思います。匠の成長を大先輩の前で見せることが最大の恩返しだと思うし、心技体すべてにおいて成長した姿を当日は見せられると思います」

山内佑太郎
「三崎さんと重なるところもありますが、今匠は自分の得意な部分・苦手な部分に立ち向かって成長過程にいます。近くで見ていて人間としても選手としても成長していることを感じて、まだまだ強くなる確信もあります。今回の試合は今まで自分を育ててくれた人たちへのリスペクトを持ちつつ、そこから旅だって強くなった自分を見せてほしい。そして軍司選手と恨みっこなしでド突き合って、勝ってもらえたらいいなと思います」

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・軍司「KO勝ちで武居戦実現する」登坂「パンチでKOだ」

・軍司泰斗が3度ダウン奪い王座戴冠、隆聖も根性見せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース