TOP > ニュース

【ネクサス】初代バンタム級王者決定トーナメント開催 渡部修斗など出場

2018/02/22(木)UP

寝技を得意とし、コンバットレスリング選手権などでも複数のタイトルを持つ渡部修斗(上)が優勝候補筆頭か

 5月6日(日)新宿FACEにて開催されるMMA大会『Fighting NEXUS vol.13』で初代バンタム級王者決定トーナメントが行われることが発表された。

 この大会のコンセプトは、加齢やケガ・仕事の事情などで継続的に試合は出来ないが試合はしていきたい、地方出身・在住の選手でチャンスが少ない、などの様々な事情で試合の機会に恵まれない選手たちに試合の場を提供していくというもの。
 現在は韓国大会の開催や、心技館と合同主催のジュニアオープンファイトも行うまでになり、今回のバンタム級王座創設に至った。

 トーナメントの注目選手はZSTやグラジエーターでタイトルマッチ経験があり、Fighting Nexusの常連である渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)。 
 修斗の初代ウェルター級チャンピオンである渡部優一(現・掣圏真陰流興義館館長)の長男である渡部は、2013年FILA世界グラップリング選手権No-Gi 62kg級優勝者などの実績を持ち寝技を得意とする。
 Fighting Nexusでもチョークスリーパーなど一本勝ちも多く、バンタム級のエースといえる。

 また、このトーナメントには各団体の推薦候補が参戦する。香港のMMA大会「V-combat」の初代バンタム級王者の風間光太郎(FREEDOM@OZ)や、渡部と同じく格闘家二世で、総合格闘家でプロレスラーの山本喧一の息子DAIKI(POD)が名を連ねる。

<トーナメント参戦決定選手>※五十音順
・石田陸也(総合格闘技道場DOBUITA)
・宇宙人(パンクラスイズム横浜)
・風間光太郎(FREEDOM@OZ / 香港V-combat王者)
・キムソンミン(KOREAN TOP TEAM / 韓国TFC推薦選手)
・斉藤洋二(BRAVE / GRACHAN推薦選手)
・ジェイクムラタ(パラエストラTB)
・DAIKI(POD / 北海道PFC推薦選手)
・竹本啓哉(ALIVE / GLADIATOR推薦選手)
・林駿平(和術慧舟會HEARTS)
・風魔翔(T-BLOOD)
・山崎宏(リバーサルジム東京スタンドアウト)
・渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)

●編集部オススメ

・IGFプロレスラー奥田、反則攻撃で裁定保留に

・菊田早苗、因縁の相手・山本喧一に完勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース