TOP > ニュース

【ライフ】元DEEP王者・池本誠知が開設の高校にジュニア10冠王が入学

2018/02/28(水)UP

在学中にK-1甲子園優勝を目指す野田蒼(右)と池本学院長(左)

 元DEEP王者・池本誠知氏(42)が開校する『STYLE高等学院』に”大物”一期生が入学する。
 
『STYLE高等学院』は今年4月、大阪市福島区に開校する、日本初の格闘スポーツが学べる高等学院。
 ルネサンス大阪高等学校・FC大阪高等学院などと教育連携する通信制の高校となるが、高校卒業に必要な74単位とは別に格闘スポーツとして20単位取得できる。
 キックボクシング、ムエタイ、ボクシング、総合格闘技、プロレスラー、空手などの分野で活躍する専門インストラクターから各格闘技の理論と実技を学びながら、全日制と同じ高校卒業資格の取得が可能だ。

 そのSTYLE高等学院一期生の入学生として、ジュニア・アマチュアキックボクシングで10冠を誇る野田蒼(月心会チーム侍/67戦64勝3敗)の入学が発表された。 

「十冠王」ながら初々しい笑顔の野田

 野田はK-1ジュニア全日本やWBCムエタイジュニアリーグなど10のタイトルを獲得。「STYLE高等学院に入学が決まり、自分のまだ知らない世界をこれから沢山学べると思うと今からワクワクしています。 文武両道で、格闘技と勉強の両方を思い切り学べる場に出会えた事に感謝し、頑張っていきたいと思います」と入学の決意を語った。
 
 池本学院長も「彼は、格闘技に飢えている。戦績やセンスも持ち合わせている」と将来性に太鼓判を押す。
 また「格闘技に打ち込みながら、学業ができる環境をバックアップしていきたい。そして社会人として将来必要になる人間学を格闘スポーツ教育を通じて指導していきたい」と野田への教育方針を語った。

 日本初の格闘スポーツを学べる高校が、K-1甲子園優勝、そしてK-1チャンピオンを目指す有望な生徒第一号を迎え、動き始めた。

●編集部オススメ

・元DEEP王者・池本誠知が格闘スポーツを学べる高校開設

・アイドル川村虹花が目指すはRIZIN、フジテレビのゴールデンタイム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース