TOP > ニュース

【K-1】卜部弘嵩、武尊との同門対決も覚悟「K-1を背負うとはそういうこと」

2018/03/05(月)UP

王座返り咲きを目指す卜部(右)。そのためには弟分の武尊との対決も辞さない

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』で、「K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」に出場する第2代同級王者・卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が神奈川の所属ジムにて公開練習を行った。

「今は疲れも溜まってきていますが、僕は経験もあるので、しっかり休みをとりながら、練習では100%以上を出し切るように頑張っています」という卜部は、公開練習としてミット打ちを1分30秒のみ披露。

 当初はISKA世界ライト級王者・皇治(TEAM ONE)とスーパーファイト(ワンマッチ)を行う予定だったが、急きょその試合ごとトーナメントに組み込まれることとなった。そのことについて卜部は「まず同門で弟分の武尊が出ることが気になる部分でした」と、武尊同様戸惑いはあったが「スーパーファイトのままだったらタイトルマッチの前座で大会の中心ではなかった。それがトーナメントになったことで、新生K-1史上最大のビッグマッチの中心になることが出来て、選手として嬉しい気持ちがあります」と、チャンスと捉える

「(王座返り咲きのチャンスに)僕もそこを目指してやってきているし、だらだらと長く格闘技をやる気はない。常に厳しい道を選んでやっていきたい気持ちがあるので、今回のトーナメントはかなり険しい道ですが現役である以上は険しい道を進んでいきたいと思います」

 1回戦の相手・皇治からはたびたび挑発を受け、記者会見でも乱闘寸前となったが「練習がハードで何を言われても全然耳に入ってこない。何とも思わないです」と、もはや気にならないという。

 決勝が武尊との同門対決になってしまう可能性があることについては、「同門というか弟みたいなものなので戦うことは辛いです。でもK-1を背負うってそういうことなんじゃないですかね。僕も兄弟対決(実弟の功也と2度対戦)を経験していますが、経験しているからこそ、もう二度とやりたくないと思いました。あれほど仲間同士や兄弟同士、支えてくれているジムのみんなが悲しい顔をするのは辛いです。でも僕はそれも覚悟して戦います」と、すでに覚悟が出来ているようだ。

「トーナメント出場選手の中でスーパー・フェザー級の頂点を知っているのは僕だけなので、僕自身、自信があります。そのために練習して最高の状態に仕上げたいと思います。誰が来てもベストの自分でいい試合をして優勝したいと思っています。今の僕はそう言い切れる自信があります」と、王座返り咲きに自信を見せた。

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・やりすぎ皇治、今度は卜部挑発で乱闘寸前

・武尊がやりすぎ皇治を完全無視「100%やることはない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース