TOP > ニュース

【ベラトール】連敗脱出へ、元UFC王者ベンソン・ヘンダーソンが計量パス

2018/04/06(金)UP

計量をパスした元UFCライト級王者ヘンダーソン(右)と対戦相手のウエルタ(左)

 4月6日(金・現地時間)ハンガリー・ブダペストのBOKホールにて開催される総合格闘技イベント『Bellator 196』の前日計量が、5日(木・同)に行われた。

 Bellator MMA(以下ベラトール)キックボクシング部門のナンバーシリーズ『Bellator Kickboxing 9』との合同開催となる今大会。メインイベントは元UFCライト級王者ベンソン・ヘンダーソン(34=アメリカ)vsロジャー・ウエルタ(34=同)のライト級ワンマッチだ。

ヘンダーソン(右)とウエルタ(左)は互いに視線を外さずに握手をかわした

 計量はヘンダーソンが153ポンド(約69.4kg)、ウエルタが154ポンド(約69.9kg)で、それぞれライト級規定(155ポンド=約70.3kg以下)を一発でクリアー。両者とも笑顔はなく、その後のフェイスオフ撮影も真剣な表情を崩さないまま終えた。

 ヘンダーソンはUFCのライト級王者として活躍したトップファイターだ。2016年2月にはUFCからベラトールに移籍することを電撃発表したが、当時はいわゆるリリース(契約解除、またはUFCが契約を更新しない)というかたちではなく、UFCの王者クラスのファイターが他団体へ移籍するのは希なケースであったため、大きな注目を集めた。

 同年4月のベラトール移籍初戦では、いきなりウェルター級王座に挑戦し、当時の王者アンドレイ・コレシュコフに判定負け。ライト級に階級を戻して臨んだ移籍2戦目で初勝利を掴むも、以降はマイケル・チャンドラーとパトリッキー・フレイレに接戦で敗れている。今大会で連敗から脱出したいところだ。

 対するウエルタはISKA MMAウェルター級王座やIFCライト級王座を獲得した実績を持ち、UFCも経験しているベテランファイターだ。UFCでは2006年から6勝2敗の好戦績を残しながらも、連敗後に契約を終了している。2010年からはいったんベラトールに参戦したが、その2年後にシンガポールの『ONE Championship』に主戦場を移した。今回は7年8カ月ぶりのベラトール復帰戦となる。

 ヘンダーソンがタイトル戦線再浮上に向けて快勝で再起を果たすか。ウエルタが元UFC王者から金星を掴むか。あとは試合開始のゴングを待つのみとなった。

Photo by Bellator MMA

●編集部オススメ

・【ベラトール】元UFC王者ヘンダーソン、チャンドラーに敗れ王座獲得ならず

・【UFC】ヘンダーソンがエドガー撃破し王座奪取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース