TOP > ニュース

【K-1】山崎秀晃1年2カ月ぶりの復帰戦はKrush王者・中澤純と対戦

2018/04/07(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山崎(左)vs中澤(右)。強打者同士の打ち合いから目が離せない

 6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』の記者会見が、4月7日(土)都内にて行われた。

 スーパー・ライト級スーパーファイト(ワンマッチ)で、第4代Krushスーパー・ライト級王者の山崎秀晃(31=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、第5代Krushスーパー・ライト級王者の中澤純(28=TEAM Aimhigh)の対戦が決定。

 山崎は伝統派空手を経て2009年6月にJ-NETWORKでプロデビュー。2009年12月からKrushを主戦場とし、2013年3月にKrushライト級王座、2015年11月にKrushスーパー・ライト級王座を奪取。K-1には2014年11月の旗揚げ戦から参戦し、2016年3月のK-1 WORLD GP -65kg日本代表決定トーナメントでは左右田泰臣、久保優太、野杁正明を破って優勝。

 2016年9月のゴンナパー戦で左ヒザを負傷し、2017年4月のゲーオ戦で状態が悪化。長期戦線離脱を余儀なくされたが、今回約1年2カ月ぶりの復活を果たす。空手仕込みの蹴り技と、ゴールデンフィストと呼ばれる強打のパンチを得意とする。

昨年4月のゲーオ(奥)戦以来の試合となる山崎

 対する中澤は2008年4月にMA日本キックボクシング連盟でプロデビュー。MA日本ウェルター級王座、INNOVATION同級王座を獲得し、2015年からはKrushを主戦場に活躍。2017年4月にKrushスーパー・ライト級王座に就き、左右田を破って初防衛にも成功。今年3月のK-1では左右田との再戦でダウンを奪って返り討ちにしている。

 山崎は「怪我の手術、リハビリ中も見捨てなかったファンの皆さん、関係者に感謝しております。自分としても65kgでまだまだ通用する自負がある。Krushの65kgを中澤選手が引っ張ってくれていたのでいつかやりたいと思っていました。楽しみです。バチバチの殴り合いをしましょう」とあいさつ。

ゴツゴツとしたパンチで真っ向勝負を展開する事が多い中澤

 中澤は「僕がKrushに出た時から山崎選手は63kgでチャンピオンになってずっと輝いていた選手でした。前に会見で山崎選手とやりたいと言っていたがすれ違いで戦えなかったんですが、今のこのタイミングで戦うのがホットだと思います。楽しみです」とし、「あまり山崎選手とバチバチに殴り合いたくはないですね。パンチ力が凄そうですから。でも僕と山崎選手が戦ったらそういう展開になると思うし、勝っても負けてもKOで終わると思うので面白いでしょう」と、山崎の殴り合いの呼び掛けに応える。

中澤は左右田(左)を返り討ちにし実力を証明した

 しかし山崎は「しっかりとした作戦を立てて一発がある。しっかり勝つところで勝って上がってきたイメージですね」と中澤を評するが、「悪いけれどここで負けているわけにはいかないので軽くクリアさせていただきたいと思います。パンチを一発ももらわず僕がKO勝ちすると思います。期待してください」と圧勝宣言。

 中澤も「まだまだ僕は成長中。前回の試合が終わった後もまだ強くなっている。そういう時こそ人って足元をすくわれるので、死ぬ気で倒しに行きますよ。僕は派手な試合をしていないから山崎選手はいけるなと思っているかもしれませんが、意外とみんなやりづらいと言うので試合は僕が勝ちます」と、左右田戦のように番狂わせを起こすと話した。また、「僕は思い切り倒しに行こうと思っているので、喰らうと倒れてしまうので喰らわずに先に当ててやろうと思います」と、山崎よりも先に倒すと言い放った。

 また、山崎は「自分の最終目標は野杁選手なので、12月、大阪でよろしくお願いします」と宮田充K-1プロデューサーに12月のK-1大阪大会でK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の野杁正明(K-1ジムEBISU)に挑戦したいとアピールした。

<決定対戦カード>

▼スーパーファイト スーパー・ライト級 3分3R延長1R
山崎秀晃(31=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代Krushスーパー・ライト級王者)
vs
中澤 純(28=TEAM Aimhigh/第5代Krushスーパー・ライト級王者)

●編集部オススメ

・昨年4月、ゲーオ・ウィラサクレックに挑んだ山崎

・Krush王者・中澤純がダウンを奪い左右田泰臣を返り討ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース