TOP > ニュース

【ボクシング】挑戦者トレーナー、村田諒太の弱点を把握「負けることがないボクサーなどいない」

2018/04/09(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ブランダムラ(左)のパンチをスティックミットで受けるアニュッツイトレーナー(右)

 4月15日(日)横浜アリーナにて行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチで、王者・村田諒太(32=帝拳ジム)に挑戦する同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)が9日(月)都内で公開練習を行った。

 ブランダムラのエウジェニオ・アニュッツイトレーナーは村田について「彼はパワーボクサーだね。彼の映像を見たところ、若い頃からパワーがある」と評し、村田の弱点を見つけられたかとの問いには「ボクサーは誰でも弱点を抱えている」とすでに村田の弱点を把握している様子。

「まさにこの東京で、マイク・タイソンがジェームス・ダグラスに敗れるという衝撃的な出来事があった。その試合が象徴するように負けることがないボクサーなどいないんだよ」と、1990年2月11日に東京ドームでタイソンがKOされ、38戦目にして初敗北を喫した試合を引き合いに出した。ボクシングは何が起こるか分からない、ということだ。

 ブランダムラについては「彼にはスピードがある。そしてプロ意識が高い。トレーナーがこうしろああしろと言う必要がないんだ。調整や減量についてもトレーナーが指導する必要はなく、自分自身でやるべきことをやるんだ」と、“優等生ボクサー”であると紹介した。

 気になる減量についてブランダムラは「今は日本に着いた時(4月6日)と同じでリミットまで残り1.5kg。毎回減量に関するメソッドがあるので、計量の朝には仕上がっている。専属の栄養士から細かい指示が出ていて、僕はプロなので食事にもきちんと気を使って決められたプログラム通りにやっているよ」と、計量オーバーはないと断言した。

【大会・チケット情報】 4・15 帝拳プロモーション「FUJI BOXING WBA世界ミドル級タイトルマッチ/WBC世界フライ級タイトルマッチ」

●編集部オススメ

・村田諒太が公開練習「欲を抑える」ことが勝利のポイント

・村田諒太が欧州王者を挑戦者に初防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース