TOP > ニュース

【ホーストカップ】志朗がISKA世界防衛戦、挑戦者「まばたきする時間もないほど一瞬にして倒す」

2018/04/18(水)UP

ISKA世界王者・志朗(左)が、WPMF世界王者のゴンサロ(右)を迎える

 5月20日(日)名古屋国際会議場イベントホールで開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA 4』に出場が決まっていた、ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(24=KICK REVOLUTION)の試合が防衛戦となることが発表された。

 志朗に挑戦するのは、WPMF世界スーパーバンタム級王者ゴンサロ・テバル(27=スペイン)。昨年7月にWPMF世界スーパーバンタム級タイトルを獲得している。

 所属ジムのブログによると2009年にムエタイを始め、2014年にタイのアマチュアムエタイ大会・IFMA世界選手権で銅メダル、プロデビュー後の2016年に欧州のキックボクシング団体GBFのヨーロッパ新人戦で優勝している。
 タイにも長期滞在し、タイでの所属はチャンピオンを多く輩出しているチェンマイのサンタイジム。パンチ・ミドルキックを繰り出す攻撃的なファイトスタイルだ。

パンチとミドルを得意とするゴンサロ(左)

 かつてゴンサロと同じスペイン人強豪の二人が志朗と対戦している。ヨーロッパの主要タイトルを獲得しているネクター・ロドリゲスが16年ISKAランキング査定試合で、ムエタイのナショナル王座を獲得したアドリアン・ロペスが昨年5月ISKAタイトルマッチで、いずれも志朗にKO負けを喫した。

 ゴンサロは「志朗についてはよく知っている。スペインでも実力のある選手たちがKO負けしている。そのお返しは必ずする」と気を吐く。「2017年はタイでもスペインでも試合で負けてはいない。ベルトも獲って今までで一番充実している」と好調ぶりをアピール。

 日本のファンへは「日本で試合が出来て大変嬉しく思っています。大きなプレゼントをもらったようなもので、今度の試合は今までで一番興奮しています。日本の皆さんが、まばたきをする時間もないほど志朗を一瞬にして倒します。そのための準備は全て終わっています」と意気込んだ。

<対戦カード>
▼ISKAムエタイ世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
志朗(KICK REVOLUTION/王者)
vs
ゴンサロ・テバル (Gonzalo Tebar=スペイン/WPMF世界スーパーバンタム級王者/挑戦者)

【大会・チケット情報】 5・20 アーネスト・ホーストジムJAPAN 「HOOST CUP KINGS NAGOYA 4」
 

●編集部オススメ

・志朗がKO勝ちで世界タイトル初防衛

・志朗、ルンピニーで3連勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース