TOP > ニュース

【ボクシング】中野区が山中慎介の引退式、区長から感謝の花束

2018/04/25(水)UP

中野区名誉区民の山中が中野区長から花束

 中野区の名誉区民であり、元WBC世界バンタム級王者で、連続防衛12度と言う日本第2位の記録を持つ山中慎介(35)の引退セレモニーが東京・中野区主催で中野区役所にて25日開催され、大雨の中、区役所には区民、ファンも大勢つめかけた。

 中野区長の田中大輔氏は「私たち中野区民に対して素晴らしい光栄と将来に繋がる夢や希望を与えてくれたことに心から感謝するとともに、中野区民として活躍して頂きたいと思います」と謝辞を述べた。

感謝の意を述べる山中

 山中は式典の挨拶で「足元の悪い中、お越しいただきありがとうございました。現役を326日をもって引退させていただきました。これまで後援会を中心に、ファンの皆さんが会場に駆けつけていただき、力になりました。世界タイトルを獲って12度の防衛ができて最高のボクシング人生でした。第2の人生はボクシングにお世話になったので恩返しを含めて活動していきたいと思います 」とファンとボクシング関係者に感謝の意を述べ、区長から花束が贈られた。

1階ロビーには山中の記念展示が5月11日まで行われている。これは山中のガウンとトロフィー

  また、中野区役所本庁舎1階ロビーでは、写真パネルをはじめ、ガウン、グローブ、トロフィーなどが展示、また、デビュー戦から引退までのダイジェスト映像が流される。
 開催期間は本日4月25日~5月11日まで(土日祝除く)まで。

 山中は滋賀県出身であるが、2009年から中野区に在住。16年1月に中野区より名誉区民に選ばれた。

●編集部オススメ

・山中慎介が引退会見「悔いはない」

・山中慎介、左の拳に「強かったよ、よく頑張ってくれた」=一問一答

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース