TOP > ニュース

【LEGEND】元ルンピニー王者のウィサンレックら各団体の強豪集結、アントニオ小猪木vs小馬場のプロレスマッチまで多彩

2018/04/26(木)UP

 6月27日(水)、熊本のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイにて開催される『火の国格闘伝説LEGEND8』の全試合カードが発表された。

得意のヒジ打ちでTKO葬するウィサンレック(右)

 この大会は熊本にいろんな団体の強豪選手を集め行われる大会。

 まずワンマッチではムエタイルールでルンピニー2階級制覇のウィサンレックMEIBUKAI(MEIBUKAI)が参戦する。 

 ウィサンレックはタイ時代に元K-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオ・ウィラサクレックや、KNOCK OUTに参戦しているワンチャローンにも過去に勝利したことがあるという。ムエタイの殿堂ルンピニースタジアムでフライ級&バンタム級王座に就き2階級制覇を達成した。戦績は300戦を超える。昨年8月のKNOCK OUTで那須川天心に敗れるまでは日本人無敗。得意技のヒジ打ちで、野呂裕貴、国崇ら各団体のエースをヒジで葬ってきた。地元・九州を主戦場にしている富永久貴(FALCON)と対戦する。

 また、タイの北部ムエタイ王者経験を持つレック・エイワスポーツ(エイワスポーツ)が参戦。

ヒジでKOするレック(左)

 レックは国内トップクラスを次々と撃破している日本人キラー。2015年にはBOM主催の新大会『LOK』で王座を獲得。2016年にはBOMでルンピニー、プロムエタイ協会、WMCと3つのタイトルを保持するセンサターンに挑戦したこともある。
 対するはダルビッシュ黒木(KING EXCEED)。RISEの福岡県を中心とするこの大会『RISE WEST』で着々と実力をつけてきた選手で昨年10月にはRISE3階級王者・裕樹からダウンを奪うも惜しくも判定はドロー。互角の戦いを演じた。5月6日(日)にはマリンメッセ福岡で行われる『RIZIN.10』にも出場が決まっている。

 ヘビー級の一戦として、元プロボクサーで前J-NETWORKヘビー級王者のジャイロ楠(フリー)vsKENTA(秀心塾)も決定。ヘビー級のメガトンパンチが乱れ飛ぶ派手な一戦になりそうだ。

 また、昨年に続き63kgトーナメントが行われる。本トーナメントは準決勝2試合が行われ、決勝戦がメインイベントに。
 トーナメントにはWBCムエタイSライト級日本王者の北野克樹(NJKF誠至会)や、九州のキックボクシング大会『Prince Revolution』王者のPhoenixx祥梧など西日本の強豪4名が出場する。

 祥梧は九州を主戦場とし、レベルスでは強打者ぶりを発揮して2016年10月には当時無敗のホープだった笠原弘希をKOした。今年3月にはJ-NETWORK後楽園ホール大会に出場し、J-NETWORKライト級5位・笠原淳矢を下している。

WBCムエタイ日本&NJKFの二冠を持つ北野克樹が1DAYトーナメントに参戦

 実績から優勝候補最有力の北野克樹は昨年7月に行われたNJKFスーパーライト級王座決定戦で、わずか13秒でKO勝ちし王座を獲得した。続く11月にはホーストカップに出場し多くの日本人に勝利しているタップロン・ハーデスワークアウトジムを下し、今年1月に入るとWBC日本王座を獲得、波に乗る。
「WBC日本統一チャンピオンの強さをお見せして、最高の興奮と感動をお届けします」と、この試合に向けて意気込みを語った。

 なお、この大会はキックボクシングだけではなく、第4試合には西口プロレス(60分一本勝負)アントニオ小猪木vsジャイアント小馬場の一戦も組まれ多彩なマッチメークとなった。

火の国格闘伝説LEGEND8
6月27日(水曜日)18:30開場 19:30試合開始
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ(熊本県熊本市中央区東阿弥陀寺町2)
大会主催/株式会社レジェンド
大会協力/ドージョーチャクリキ・ジャパン
チケット/VIP席20,000円、プラチナ席18,000円、ゴールド席15,000円、グリーン席13,000円 ※定員約500名。全テーブル飲み放題、ディナー付き
チケットの購入・お問い合せ/株式会社レジェンド 050-3398-8575

▼第1試合 63.0kgトーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
北野克樹(NJKF誠至会/WBCムエタイSライト級日本王者)
vs
関幸一郎(ELEPHAS)

▼第2試合 63.0kgトーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
Phoenixx祥梧(Phoenixx NAK MUAY GYM/Prince Revolution王者)
vs
コニタク(FALCON)

▼第3試合 ヘビー級 3分3R(延長無し)
ジャイロ楠(フリー/S.K.K.Bヘビー級王者、前J-NETWORKヘビー級王者)
vs
KENTA(秀心塾)

▼第4試合 西口プロレス 60分一本勝負
アントニオ小猪木
vs
ジャイアント小馬場

▼第5試合 64.0kg契約 3分3R(延長無し)
レック・エイワスポーツ(エイワスポーツ/初代LOKスーパーライト級王者)
vs
ダルビッシュ黒木(KING EXCEED/Prince Revolution王者)

▼第6試合 セミファイナル ムエタイルール 55.0kg契約 3分3R(延長1R)
ウィサンレックMEIBUKAI(MEIBUKAI/ルンピニー2階級制覇)
vs
富永久貴(FALCON)

▼第7試合 メインイベント 63.0kgトーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)
第1試合の勝者
vs
第2試合の勝者

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース