TOP > ニュース

【修斗】“ザ・ギロチン”齊藤曜がパンチャー平川智也と対戦決定

2018/04/26(木)UP

齊藤曜(左)と平川智也(右)のスリーパーvsパンチ対決

 5月13日(日)、神奈川・カルッツかわさきで開催される『プロフェッショナル修斗公式戦』の追加対戦カードが発表された。
 
 バンタム級世界3位の“ザ・ギロチン”こと齊藤曜(トイカツ道場)vs同級環太平洋10位・平川智也の一戦が決定した。

 齊藤は近年パンクラスやDEEPに参戦していたが、昨年11月のプロ修斗青森大会で昨年度新人王・一條貴洋を相手に何もさせず、代名詞であるギロチン(フロントスリーパー)で斬って落とし、約4年ぶりの修斗帰還を果たした。今年1月にはノンタイトル戦で世界バンタム級王者・佐藤将光と対戦。打撃の得意な王者に対しグラウンド戦に持ち込み判定3-0で勝利した。

世界王者・佐藤に得意のギロチンチョークを仕掛ける齊藤

 平川は元環太平洋ライト級4位でパンチを武器に4連勝し、2016年11月、環太平洋ライト級王座決定戦に出場。敗れはしたが、昨年11月にバンタムに階級を変え1年ぶりに復帰。復帰戦はフルマークの判定勝ち、今年2月にはパウンド連打で1RKO勝利と連勝中だ。

 寝技巧者とハードパンチャーの一戦となるが、齋藤はここで平川の首を手土産に、改めて佐藤将光に対し世界タイトルへの挑戦状を叩きつけたい所だ。平川にとってはバンタム級転向後の真価が問われる一戦となる。

パウンド連打でKO勝ちした平川

 また、その他の注目カードどしてレスリング天皇杯三連覇の倉本一真(修斗GYM東京)のプロ第二戦も決定した。

 倉本は大学時代には2007・2008年全日本大学グレコローマン選手権で優勝、大学卒業後は自衛隊に入隊し、2012年天皇杯全日本選手権グレコローマン60kg級で初優勝すると2014年まで3連覇を果たした。そして今年2月の修斗デビュー戦ではフルマークの判定勝ちを収めた。
 今回の相手は14年のアマチュア修斗3位となりプロデビュー、プロ2勝2敗の榎本明(リバーサルジム東京スタンドアウト)。MMAでの経験が勝る榎本に対し、倉本の対応力が計られる一戦となった。

<追加対戦カード>

▼バンタム級5分3R
齊藤 曜(トイカツ道場/同級世界3位)
vs
平川 智也(マスタージャパン/同級環太平洋10位)

▼バンタム級5分2R
榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)
vs
倉本 一真(修斗GYM東京)

【大会・チケット情報】 5・13 サステイン「プロフェッショナル修斗神奈川大会」

●編集部オススメ

・世界王者・佐藤将光を齊藤が完封

・元環太平洋ランカー・平川智也、バンタム級転向二連勝を飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース