TOP > ニュース

【RIZIN】30連勝懸かる那須川天心、自然体で計量クリアー

2018/05/05(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

プロ30連勝が懸かる一戦にも気負うことなく、自然体で計量をクリアーした那須川

 5月6日(日)マリンメッセ福岡にて開催の『RIZIN.10』に出場する選手たちの公開計量が、5日(土)福岡市内で16:00より行われた。

 明日の試合にプロデビュー以来の30連勝を懸ける“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)は58㎏の契約体重を57.85㎏でクリア。大会セミファイナルで日本拳法をベースに、アメリカの総合格闘技団体『WSOF GG』の初代フライ級王者である中村優作(31=チーム・アルファメール・ジャパン)と対戦する。

中村はプロレスラーのスペル・デルフィンを思わせるポージング

 キックボクサーの那須川に対しMMAファイターらしく体の大きさ・厚みを感じさせた中村は、契約体重をパスすると、そのままプロレスラーのスペル・デルフィンを思わせるポージング。日本拳法仕込みの打撃力とカウンターテクニックで番狂わせを狙う。

 一方那須川はこの試合を前にシンガポールの格闘技メガジム「EVOLVE」で一流ムエタイ戦士を相手にした武者修行を敢行。蹴りの技術が向上したと言い、蹴りでのKOに意欲を見せている。中村とのフェイスオフでもそうした気持ちの表れであったか、MMAの選手たちより距離を取って向き合っていた。

 計量終了後、那須川は来場したファンを対象にしたハイタッチ会や撮影会といったファンサービスを実施。30連勝の記録を前にしても力んだ様子を見せずに自然体であった。

【大会・チケット情報】 5・6 RIZIN FF事務局「RIZIN.10」

●編集部オススメ

・那須川天心、初の父不在にも不安なし「一発も触れさせない」

・那須川天心の相手は日本拳法出身の総合格闘家

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース