TOP > ニュース

【Krush】元王者・安保璃紅が8カ月ぶり再起戦、対する覇家斗は「生き残って先に進むのは僕」

2018/05/08(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

無敗のまま王者となった安保(左)が再起戦、対するはアツい試合を身上とする覇家斗(右)

 6月30日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.89』の追加対戦カードが発表された。

 第5代Krushスーパー・フェザー級元王者の安保璃紅(20=あんぽ・りく/team ALL-WIN)がUKF日本ライト級王者・覇家斗(27=はやと/K-1ジム・ウルフ)と対戦する。

 安保は2017年5月に8戦無敗で王座に就いて注目を浴びたが、同年10月の初防衛戦で郷州征宜に敗れて王座を失った。今回はそれ以来の再起戦となる。戦績は8勝(5KO)1敗。対する覇家斗は2016年10月からKrushに参戦し、島野浩太朗や闘士といったKrushトップファイターから勝利を収めている。戦績は18勝(8KO)6敗。

パンチも蹴りも技が多彩な安保(右)

 約8カ月ぶりの試合が決まった安保は、兄の瑠輝也(るきや)とともに現在タイで修行中。「前回の試合でプロとして初黒星となり、自分の中ですごく勉強になったし、もっと強くなりたいと思い日々頑張っています。まだまだ自分の試合をたくさんの人に見て欲しいし、魅了していく自信があります。なにより僕の試合を楽しみにしてくれているファンの方のためにもその気持ちに応える試合をするのが自分の使命だと思っています。ぜひ進化した安保璃紅を観に来てください」とコメントを寄せている。

打ち合い上等、激闘派の覇家斗(右)

 対する覇家斗は「このカードのオファーをいただいた時に正直ビックリしたんですが、相手に不足はないし、狙うは頂点なので誰が相手でも倒すだけなのでしっかり仕上げて倒します。安保選手はスピードが速い、対応力が高い、気が強い。でも僕が倒されることはないと思っていますね。逆に、若いし気が強いので打ち合いに来てくれたら嬉しいです。しっかり勝ってベルトにつなげたい。自分らしく突き進む。しっかり倒しに行ってアツい試合しかしないので楽しみにしていてください。最後に生き残って先に進むのは僕です」と、元王者を破ってタイトル挑戦に名乗りをあげたいと意気込んでいる。

<決定対戦カード>

▼Krushスーパー・フェザー級 3分3R延長1R
安保璃紅(team ALL-WIN/第5代Krushスーパー・フェザー級元王者)
vs
覇家斗(K-1ジム・ウルフ/UKF日本ライト級王者)

●編集部オススメ

・覇家斗が激しい打ち合いで闘士をKO

・無敗の19歳・安保璃紅、レオナを下し新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース