TOP > ニュース

【パンクラス】上田将勝、引退後の楽しみは「ポテトチップスのコンソメ味が食べたい」

2018/05/21(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

満身創痍ながらも一夜明け会見に出席し、一つひとつ丁寧に質問に答えていった上田

 5月20日(日)東京・新木場スタジオコーストで開催された『PANCRASE 296』の一夜明け会見が、21日(月)都内にて行われた。
 
 第5代修斗フェザー級王者・上田将勝(40=パラエストラ東京)は、前日のメインイベントでハファエル・シウバ(33=ブラジル)とパンクラス・バンタム級暫定王座を懸けて対戦。試合は消耗戦となり、互いの気持ちがぶつかり合う激闘となったが、上田は判定で敗れ王座戴冠を果たせなかった。

左ミドルをボディに蹴り込んだ上田(左)。シウバ(右)は明らかに嫌がっていた

 そして、上田はこの試合で引退する事を以前から表明しており、試合終了後、マイクで会場のファンに改めて引退を発表した。
 
 傘を松葉杖代わりにして会見場まで来たという上田は、怪我の具合を聞かれると「鼻と左足が痛いので、これから病院に行きます。鼻は折れていそうな気がします。パンチが重かったです。(耳が聞こえづらいとの事だが?)昨日から耳がおかしいです。試合中、パンチをもらって耳から血が出ていたので、それもあると思います」と答え、前日の激闘を物語る。

ほぼ極まりかけた上田のアームバーに会場は沸いた

 試合を振り返って「ベルトを獲れなかった悔しさはあります。みんなに喜んでもらえなくて。でも、最後まであきらめずに勝負しました。実力を出し切ったので今はスッキリしています」と話す上田。
 
 試合後は仲間達から労いの言葉を掛けられたと言い、「応援に来てくれた人は『お疲れ様』って泣いてくれる人もいました。練習仲間からは『ありがとう』と言ってもらえて嬉しかったです」と、大勢の仲間達に見守られる中での引退となった。

同じく昨日、激闘を勝利した藤野恵実(左)とツーショット

 ストイックな現役生活が終わるが、何かやりたい事はあるか、と聞かれると「特にありませんが、好きな物が食べられるから良いかな、と思います。お菓子を食べたいです。ポテトチップスのコンソメ味が好きで、ミルクティーと一緒に食べるのが美味いんです。試合が終わったらいつも密かに食べていたんです」とささやかな楽しみを明かした。
 
 最後に、これからの人生については「全然考えてなかったです。どうしようかなって今、悩んでいます。だけど一緒に練習してきた仲間たちのサポートとかは、これからも続けていきます。週一回、『BLOOM』という道場で指導しているので、そこで続けていきたいと思っています」と、第二の人生も格闘技と関わり、仲間のサポートをしていくと語った。

●編集部オススメ

・ハファエル・シウバがバンタム級暫定王者に輝く、負けた上田将勝は引退

・シウバ、引退決意の上田将勝に容赦なし「力を出し切る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース