TOP > ニュース

【ボクシング】拳四朗にKO負けのロペス「ボディで倒されたのは初、落ち込んでいる」

2018/05/26(土)UP

予想外の早さのKO負けに落ち込み会見するロペス

 525日(金)東京・大田区総合体育館にてWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われ王者・拳四朗(26BMB)が挑戦者で同級1位のガニガン・ロペス(36=メキシコ)を2R KOで破りV3を達成した。

 両者は2017520日に対戦し、当時王者だったロペスを拳四朗が判定2-0で破り、拳四朗がプロ10戦目にして無敗のまま世界王者となった。それから1年、拳四朗3度目の防衛戦が今回のリターンマッチとなった。

ボディを打たれるまでは自分のボクシングができていたとロペス

 試合後、ロペスは「あのボディに対し、少し油断していた。ボディをもらってから息ができなくなり、口が開いた状態になったので、必死に酸素を取り入れたが立ち上がれなかった。ボディで倒されたのは初めてだ。長いラウンドを戦うつもりでいたが、予測をしないところに思わぬパンチをもらってしまった」とプロ42戦のうち6年前の125月以来の2度目のKO負けを悔いた。

拳四朗のこの右のボディストレートでロペスはマットに沈んだ

 更に拳四朗のパンチについては「少しパワーは増していた」と前回より強くなったことを認めたが、「あのボディをもらうまでは自分の距離で戦えていた。こんなに早く試合が終わってしまい落ち込んでいる。再戦は難しいかも知れないが、もしあればそのチャンスを待ちたい」と予想外の早い結末に落ち込んだ様子だったが、再度リベンジしたいと語り、現役は今後も続けていくとした。

 ロペスは163月に木村悠に判定で勝ち、WBC世界ライトフライ級王座を獲得したが、17年5月に拳四朗に判定で敗れ、王座を渡していた。

●編集部オススメ

・拳四朗が右ボディ一閃、KO勝ちでV3「気持ち良すぎてたまんない」

・井上がKO勝利で日本最速の3階級制覇

・拳四朗が再戦圧勝へ、8万円超の牛肉弁当食らう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース