TOP > ニュース

【シュートボクシング】RENA、2連戦の初戦相手は浅倉カンナと似たタイプを希望

2018/05/29(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

浅倉(左)との再戦の前に、レスラータイプの選手と試合をしたい、と話したRENA(右)

 7月6日(金)東京・TDCホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)主催・女子格闘技の真夏の祭典『Girls S-cup 2018』と、7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』の合同記者会見が、5月29日(火)都内にて行われた。

『RIZIN.11』にてRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者・浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)vsシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(26=シーザージム)の再戦が決定。RENAはその前に、まず『Girls S-cup 2018』でMMA(総合格闘技)の試合を行い、そのわずか23日後に『RIZIN.11』で浅倉と対戦する試練の2連戦に挑むことが決まった。

浅倉(一番左)を「7月6日、RENAの試合を観に来て下さい」と誘うシーザー武会長(一番右)

『Girls S-cup 2018』でのRENAの対戦相手について、シーザー武志シュートボクシング(以下SB)協会会長は「いまRIZINさんとも相談していてSBでも探しています。2連戦だからと言って手加減がないような、いい相手を用意しようと思っています」と話した。

 RENA本人は「いま打撃系とやっても意味がないと思うので寝技の強い選手、あえて言うならタックルも出来る選手が手っ取り早いかな、と。別々の練習をしなくて済むので。似たタイプでがいいんですけれど、誰でもいいかなと思っています」と、浅倉と似たタイプの相手を希望。

 シーザー会長は「自分も現役選手としてやっていたので、1カ月で2試合は大変だということで迷ったんですが、本人がやってくれるというので。彼女の気持ちの強さが嬉しいです。やってくれるんじゃないかと思っています」と、RENAにエールを送った。

浅倉vs RENAのカードについて話す榊原RIZIN実行委員長

 また、榊原信行RIZIN実行委員長は、この試合の勝ち負けに関係なく浅倉戦は行うと断言。「勝ち負けは当然あります。それも含めて浅倉カンナ戦へ向けての準備だと思っています。リベンジを懸けて上がってくるわけですから、29日にどういう状態でRENAが浅倉カンナに勝つための準備をしてくるのか。7月6日はそこまでのひとつの通過点。その結果によって29日に組むか組まないかは全く考えていません」と語った。

●編集部オススメ

・浅倉カンナvsRENAの再戦が正式決定、RENAは7月2連戦

・昨年のGirls S-cup2017全試合結果=2017年7月7日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース