TOP > ニュース

【K-1】城戸康裕、武尊から刺激受ける「俺だけ近道するのはよくない」

2018/05/30(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

後輩・武尊の活躍に刺激を受けていると話す城戸

 6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』が開催される。
 
 スーパーファイト(ワンマッチ)でマサロ・グランダー(23=オランダ/Mike’s Gym)と対戦する、K-1 WORLD GP第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント準優勝・城戸康裕(35=谷山ジム)のコメントが主催者を通じて届いた。
 
 城戸はK-1 WORLD MAX時代から活躍するベテラン選手で、第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントの決勝戦でチンギス・アラゾフに敗れたのを機にウェルター級に転向。その初戦で木村“フィリップ”ミノルに敗れたが、3月大会では27勝(25KO)1敗の戦績を誇るイッサム・チャディッドからダウンを奪って勝利。ベテラン健在ぶりを示した。

第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントの決勝戦では敗れたものの、左ストレートでアラゾフ(右)から1度ダウンを奪っている

 一方、マサロはK-1のスーパーライト級(65kg以下)で、2015年4月に野杁正明、2015年11月には平本蓮から勝利を収めている。その後、階級を上げてロシアの立ち技格闘技イベント『W5』で-72.5kg世界王座を獲得するなど、ヨーロッパを中心に活躍してきた。戦績は31勝(20KO)11敗4分。今回は2016年6月以来の来日となる。
 
 実力者マサロについて城戸は「また厄介なのがきたなって感じですね。年齢も若いんで、いずれは階級を上げてくるだろうなと思っていた。でも下の階級から上げてきたからといってパワーがないとか、そういうことは無いと思います。けっこう跳んで攻撃したりして、身体能力が高い選手じゃないですか。そういうところもほぼ変わらず、むしろ減量がない分、パワーアップした状態でウェルター級にくるのかなって思います」と、下の階級から上げて来る事によってマサロはさらに強くなってくると予想。

3月、チャディット(右)に完勝しウェルター級転向2戦目で白星を上げた城戸

 対策について聞かれると「もちろん対策はしっかり練ります。ただ僕の場合は相手に合わせないこともないんですけど…結局いつも自分がやることは一緒なので」と言葉少なく答えた。
 
 また、このカードと、同日に行われる木村“フィリップ”ミノルvsメルシック・バダザリアンの2カードは、K-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太への挑戦者を選ぶ上で大事な試合になる、と記者会見で宮田充K-1プロデューサーは発言している。
 
「本当はもう次で(タイトルに)挑戦できるのかなと思ってたんですけどね。もしかしたら今回の試合オファーも『ちょっと今回は…』と言えば断れたと思うんですよ。でも、お願いされるとやっちゃうんですよね。

後にゲーオ・ウィラサクレックをKOする平本(左)に勝っているマサロ

(求められると答える性格?)やっぱりそこは城戸のニーズもあるだろうし、需要と供給がありますから(笑)。でも真面目な話、(3月の)『K’FESTA.1』で武尊のタイトルマッチが消滅して、その後トーナメントになったじゃないですか。その時、武尊に『お前すごいな。大丈夫?』って電話したんですよ。

 そしたら武尊は『キツいですけど、K-1からオファーを受けたんでやります』って感じで言っていて。それで結局あれだけの試合をして優勝してるじゃないですか。ぶっちゃけそれが頭の中をよぎりましたね。俺だけ近道するのはよくない、今回は茨の道を行ってみようって。ここで厳しい選択をするから、最終的にタイトルマッチでいい結果が待っているんだろうなって思います」と、K-1三階級制覇王者・武尊の影響を受けて今回の試合を決めたという。

K-1史上初の三階級制覇を達成した武尊

 そして、後輩の武尊からの刺激は大きいか、と聞かれると「いやいや、僕はもう全然、武尊は大先輩だと思ってますから(笑)。僕はすっげぇなと思ってリスペクトした人には、年齢とかキャリア関係なく本当にすっげぇなと思っちゃうし。やっぱり突き抜ける人間って普通じゃないことをやっちゃう人間なんでしょうね。僕はそういう人間になりたいわけじゃないですけど、まあ自分の近くにあれだけ頑張ってるヤツがいるから、俺も頑張んなきゃなって感じですよ。
 
(キャリア10年を超えて、ついに本気になった?)キャリア終盤でようやく本気になる城戸(笑)。まあでもそうっすね。武尊みたいな選手が近くにいることは本当にデカいし、逆にああいう人間がいなかったらここまで格闘技をやってなかったかもしれないです。マサロは厄介な相手ですけど、ここはしっかりクリアしてベルトに辿り着きたいと思います」と答え、マサロ戦へ向け意気込んだ。
 

【大会・チケット情報】 6・17 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」

●編集部オススメ

・城戸康裕が「勝ったらタイトル挑戦」と勝手に確約

・城戸がKOマシンをハイキックでダウンさせて快勝、久保優太に宣戦布告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース