TOP > ニュース

【Krush】7月以降ヘビー級に新展開ありか、K-JeeがWMC日本ヘビー級王者を迎え撃つ

2018/06/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-Jee(左)が身長185cm、植村(右)は168cm。両者の間には17
cmの身長差がある

 6月30日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.89』の追加対戦カードが発表された。

 ヘビー級の一戦としてK-Jee(27=K-1ジムFUKUOKA) vs植村真弥(29=WSRフェアテックス幕張) が決まった。

 当初K-Jeeは5月の『Krush.88』で小西拓槙と対戦が決まっていたが、K-Jeeが負傷のため欠場。そのまま今大会にスライドして行われる予定だったが、試合条件がまとまらず小西戦はなくなり、植村との対戦となった。植村はWSRのウィラサクレック会長が「新たに幕張ジムに凄い男が入ったからぜひ試合を組んで欲しい」との推薦があり、K-Jeeとの対戦が決定。

 5月にWMC日本ヘビー級王座に就いたばかりの植村は「僕が中学生の時、K-1に絶対に出たいと思ったので、Krushで試合が組まれて嬉しいです。頑張ります」とあいさつ。K-Jeeについては「動画をメチャクチャ見ました。強いと思います。一生懸命に練習して胸を借りるつもりで頑張ります」と言い、自分の売りは「パンチだと思うのでほぼパンチで頑張りたいです。身長が低いから足は届かないと思うので、パンチしかないので練習して試合で出せればと思っています」とパンチで勝負すると話した。

 K-Jeeは「ベルトがないところでいつまでも戦うつもりないので、しっかり勝ってK-1にステップアップ出来ればと思います。ちょっと休んだことによって、しっかり練習している時では見えないことも休んだことで見えるようになりました。プラスになったこともありましたね」と、この試合を弾みにK-1へ上がりたいという。

植村(右)が「胸を借りる」と言いたいところを「肩を借りる」と言い間違え、会見場に笑いが起きた

 植村については「スピードは速いしフックも強いけれど、武器が多くないのでそれだけ注意すれば自分のペースで戦えると思います」と評し、「相手がパンチで来ると言うので、そのパンチに全部蹴りを合わせて蹴り倒したいと思っています」と蹴りでKOしたいと語った。

 また、K-Jeeの「Krushにはヘビー級のベルトがない」発言を受けて、宮田充K-1プロデューサーは「6月17日のK-1で行う上原誠vs加藤久輝戦、それとこの試合を見たうえで7月以降のヘビー級は打ち出したいプランも出てきたので注目してください」と、ヘビー級に新たなプランがあることを明かした。

<決定対戦カード>

▼ヘビー級 3分3R延長1R
K-Jee(27=K-1ジムFUKUOKA)
vs
植村真弥 (29=WSRフェアテックス幕張/WMC日本ヘビー級王者)

●編集部オススメ

・ヘビー級王座新設へ向けて愛鷹亮vs杉本仁、小西拓槙vsK-Jeeが決定

・【K-1】加藤久輝が電撃参戦、上原誠と激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース