TOP > ニュース

【レベルス】ピンペット自信満々「梅野源治がそんなに強いとは思わない」=計量

2018/06/05(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

梅野(左)、ピンペット(右)ともに計量を一発クリアー。決戦は明日

 6月6日(水)東京・後楽園ホールにて開催のキックボクシング&ムエタイイベント『REBELS.56』の前日計量が、5日(火)都内にて12:30より行われた。

 メインイベントで対戦する、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者・梅野源治(29=PHOENIX)はリミットちょうどの61.20kg、ルンピニースタジアム認定スーパーライト級5位ピンペット(24=タイ)は60.60kgでそれぞれ契約体重をクリアー。

 初来日のピンペットは渡航疲れや減量疲れなどを感じさせない精悍な顔つきで「今回、日本で試合が出来るチャンスをもらって、日本に来て戦うことが出来るので頑張りたい。めいっぱい戦います」とあいさつ。普段のスーパーライト級よりも軽い契約体重となったが「全然問題ないです。凄くハードに1ヵ月以上練習してきたのでウェイトは問題ありません」とした。

 梅野について聞かれると「試合映像も見て研究しました。そんなに強い相手だとは思いません。明日の試合で僕のプランを見て欲しい。相手は身長が高いと思いましたが、全然問題ありません。明日はめいっぱい戦ってみせます。明日の試合を見てください」と自信たっぷりに答える。

 梅野は「前回ルンピニーのタイトルマッチで負けてしまったんですが(クラップダムに4RでTKO負け)、復帰戦でルンピニーの現役ランカーを呼んでいただいたのでまたタイトルマッチという夢に向かって、ファンの方や仲間たちにクラップダムとやって勝てるんじゃないかと期待を持たれる試合がしたい。自分自身、いい勝ち方をしてまた世界一強い男になれるんだとの確信を持ちたいと思っています」と、再起戦への想いを語った。

 ピンペットの印象については「何でも出来る選手。コンビネーションはないけれど一発の重さがあるので、距離もしっかり測りながら全部の技に気を付けます。焦らずに戦えればと思います」とし、「身長が低い。身体がガッシリしているので一発一発が重いのかなという印象です。あとはかわいいTシャツを着ているな、と(笑)。僕に負けたらルンピニーのランキングから外されるだろうし、僕のことを弱いと言っていますが、本当はそう思っていないはずです。いっぱい練習してきているだろうし、難しい試合になると思っているはず。面白い試合になると思います」と、ピンペットの強気発言は本心ではないとニヤリ。

 どういう試合を見せたいかとの質問にピンペットは「タイでも日本でもやることは同じ。明日はよく相手を見て、相手の出方にもよる。自分はリラックスしています。なぜなら日本の試合は賭けがないから、気持ちがリラックス出来る。激しい試合をしますよ」と、ムエタイ特有の賭けを意識した試合をやらなくていいから思い切りいくと宣言した。

 再起戦となる梅野は「不安はもちろんありますが、自分の中に夢があって、ルンピニーのタイトルもそうだし、クラップダムにリベンジもしたい。そのためにはとにかく行動しないと。試合を続けて行けば成功だけでなく失敗もある。その成功と失敗を重ねていくことによって一番身につくのが経験だと思うので、不安がある中でチャレンジして経験を重ねて、最終的に夢に辿り着ければいいと思います。その挑戦をやめるつもりはないし、相手を選ぶつもりもありません。だからわざわざサウスポーで一階級上の相手を選びました。不安はありますが、その不安も受け入れて挑戦して行きたいと考えています」と、“挑戦”をテーマに掲げた。

【大会・チケット情報】 6・6 Def Fellow「REBELS.56」

●編集部オススメ

・梅野源治、もう前しか向かない「世界最高峰の試合を見せる」

・梅野源治、再起戦の相手は一階級上のルンピニーランカー(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース