TOP > ニュース

【RISE】那須川天心が返上した王座を争う7名が決定

2018/06/07(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

多彩な蹴り技を持ち、パンチの破壊力もある優吾(右)。再浮上なるか

 7月16日(月・祝)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 126』から、那須川天心が返上して空位となったRISEバンタム級王座を争う王座決定トーナメントが開幕する。その出場決定選手が発表された。

 まず、RISEバンタム級2位の優吾・FLYSKYGYM(21=FLYSKYGYM)の参戦が決定。優吾はシュートボクシング(以下SB)のトップランカーである植山征紀、WMC日本バンタム級王者・知花デビットらを破り、打倒・那須川の最有力候補と目されていたが、4月のSBに出場した際に計量に失敗し、大桑宏章に判定負けを喫した。再起戦となる今回、汚名返上のためにも王座を狙う。

 同級4位・有松朝(28=リアルディール)は歴代王者の那須川や村越優汰との対戦経験があり、長くRISEバンタム級ランカーとして君臨。『RISE 124』で村山智耶を得意の左ボディブローでKOし、出場権を獲得した。

堀尾(右)を破る番狂わせを起こした結城(左)

 同級6位・結城将人(31=TEAM TEPPEN)は、那須川天心の父・弘幸氏が代表を務めるTEAM TEPPENに移籍し、2月からRISEに参戦。4月には『DEEP』で元Krush王者・堀尾竜司と対戦し、勝利を収めたことが評価されてのエントリーとなった。

 WBCムエタイ日本バンタム級王者、DEEP☆KICK55kg王者、HOOST CUP日本バンタム級王者、第3代INNOVATIONバンタム級王者の鈴木真彦(21=山口道場)はRISE初参戦。2015年8月の『BLADE FC』トーナメントで那須川に敗れて以降は10連勝と負けなしの快進撃を続けている。MA日本スーパーバンタム級王者・竹内将生、現REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者KING強介にも勝利を収めた。

派手な技と動き続けるアグレッシブファイトで、ビッグバンを沸かせてきた良星(左)がRISEに初参戦

 Bigbangスーパーバンタム級王者・良星(らすた/平井道場)もRISE初参戦。『ビッグバン』軽量級のエースであり、ハイキックを多用するハイスピード&アグレッシブなファイトスタイルで常に会場を沸かせる人気者だ。

 この5名にもう1名(調整中)を加えて、トーナメント1回戦3試合が行われる。

 そして、トーナメント1回戦として7月8日に札幌で開催されるキックボクシングイベント『BOUT』でRISEバンタム級3位・山川賢誠(Kickboxing Academy Sapporo)と同級5位・出口智也(忠和會)の対戦が決定。両者とも北海道在住であり、北海道55kg級最強決定戦となった。

●編集部オススメ

・那須川天心、スアキムをダウンさせた強打者ロッタンと世界王座懸けて激突(動画あり)

・那須川天心、最強の敵に「覚悟と自信を持って挑む」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース