TOP > ニュース

【NKB】ひろあきが高橋三兄弟の壊滅を目論む

2018/06/13(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

1勝1敗で迎えるひろあき(左)と高橋(右)の決着戦はフェザー級王座決定戦として行われる

 6月16日(土)東京・後楽園ホールにて開催のキックボクシングイベント『闘魂シリーズ vol.3』のメインイベントで対戦する、NKBフェザー級1位ひろあき(SQUARE-UP道場)と同級3位・高橋聖人(たかはし・きよと/真門ジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 両者は村田裕俊が返上したNKBフェザー級王座を懸けて戦う。これまで2度の対戦経験があり1勝1敗。今回が決着戦となる。

 2度目の対戦でパンチによるKO勝ちを飾ったひろあきは「狙っている事があったので耐えながらチャンスを待っていました。カウンターは得意なので狙ってはいました」と言い、今回の高橋は「いつも通り足技中心で攻めてくると思っています」と予想。

前回の対決は昨年12月、高橋ペースで進んでいたが、ひろあきが一発のパンチでKO勝ち

 王者になったら「高橋兄弟全員とやってみたいですね」と、現在『KNOCK OUT』でも活躍している長男のNKBライト級王者・高橋一眞 、次男のNKBバンタム級王者・高橋亮とも対戦したいと、高橋三兄弟壊滅を目論む。

 対する高橋は前回のKO負けを「油断していないつもりでしたが、調整の段階から気が抜けていたなと今は思います。身体に力が入っていなかった」と、自分の調整不足だったと反省。今回も「パンチを狙って来ると思います」と予想する。

 兄2人がすでに王座に就いているが「プレッシャーというか、いい緊張感ともの凄いワクワク感があります」と、それがプレッシャーにはなっていない様子。王者になったらどうしたいかとの質問には「フェザー級で身体を作るのは大変なので、次の事は勝ってから考えます」と、階級を上げることも匂わせた。

【大会・チケット情報】 6・16 日本キックボクシング連盟/NKB実行委員会 「闘魂シリーズ vol.3」

●編集部オススメ

・高橋三兄弟が兄弟での三階級制覇狙う、三男がタイトル戦

・昨年12月の2度目の対戦はひろあきがKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース