TOP > 選手名鑑 一覧 >八重樫 東 (ボクシング)

八重樫 東 (やえがし・あきら Yaegashi Akira) 
生年月日 1983年2月25日
出身 岩手県北上市
身長・体重 161.5cm・-kg
所属 大橋ボクシングジム
出場団体  
 
デビュー戦 2005年3月26日
【1R1分20秒 KO】中山智善
主なタイトル獲得歴 ・IBFライトフライ級王者(防衛回数:2)
・第40代WBC世界フライ級王者
・第20代WBA世界ミニマム級王者
・第11代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者
・第23代日本ミニマム級王者
バックボーン  
戦績 31戦25勝(12KO)6敗
詳細
WBC世界ミニマム級、WBC世界フライ級の世界二階級を制覇。2014年12月に3階級制覇を狙い、ペドロ・ゲバラとのWBC世界ライトフライ級王座決定戦に臨んだだが7RKO負けを喫した。
ブログ:八重樫東オフィシャルブログ
~全プロ戦績~
勝敗 対戦相手 大会名 会場 日時
【1R 2分45秒 TKO】 ミラン・メリンド(フィリピン) ボクシングフェス2017 井上尚弥・八重樫東 ダブル世界戦 東京・有明コロシアム 2017年5月21日
【12R2分13秒 TKO】
※IBFライトフライ級タイトルマッチで2度目の防衛 
サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)  ボクシングフェス2016 東京・有明コロシアム 2016年12月30日
【12R判定2-1】
※IBFライトフライ級タイトルマッチで初防衛 
マルティン・テクアペトラ(メキシコ) ボクシングフェス5・8~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~ 東京・有明コロシアム 2016年5月8日
【12R判定3-0】
※IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 
ハビエル・メンドサ(メキシコ)  ボクシングフェス2015 世界ダブルタイトルマッチ 東京・有明コロシアム 2015年12月29日
【3R1分10秒 KO】 サイド・サイド(インドネシア) 第55回フェニックスバトル 東京・後楽園ホール  2015年8月20日
【2R0分15秒 TKO】 ソンセーンレック・ポスワンジム(タイ) ダイヤモンドグローブ・スペシャル 東京・大田区総合体育館  2015年5月1日
【7R2分45秒 KO】
※WBC世界ライトフライ級王座決定戦 
ペドロ・ゲバラ(メキシコ) ボクシングフェス2014 SUPER BOXEO 東京体育館 2014年12月30日
【9R2分24秒 KO】
※WBC世界フライ級タイトルマッチで4度目の防衛に失敗 
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア) 村田諒太第5戦&井上尚弥・八重樫東ダブル世界戦 東京・代々木第二体育館  2014年9月5日
【9R2分14秒 TKO】
※WBC世界フライ級タイトルマッチで3度目の防衛 
オディロン・サレタ(メキシコ) BOXINGダイヤモンドグローブSP 東京・大田区総合体育館  2014年4月6日
【12R判定3-0】
※WBC世界フライ級タイトルマッチで2度目の防衛
エドガル・ソーサ(メキシコ)  DIAMOND GLOVE SPECIAL 東京・両国国技館 2013年12月6日
【12R判定3-0】
※WBC世界フライ級タイトルマッチで初防衛
オスカル・ブランケット(メキシコ) The REAL WORLD PREMIUM BOXING 18 東京・大田区総合体育館  2013年8月12日
【12R判定3-0】
※WBC世界フライ級タイトルマッチで第40代王者に 
五十嵐俊幸(帝拳)   東京・両国国技館  2013年4月8日
【9R2分52秒 KO】 センムアンルーイ・ゴーキャットジム(タイ)   東京・後楽園ホール 2013年1月5日
【12R判定0-3】
※WBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦でWBA王座陥落 
井岡一翔 (井岡)   大阪・ボディメーカーコロシアム 2012年6月20日
【10R2分38秒 TKO】
※WBA世界ミニマム級タイトルマッチで第20代王者に 
ポンサワン・ポープラムック(タイ)   東京・後楽園ホール 2011年10月24日
【10R判定3-0】
※日本ミニマム級タイトルマッチで3度目の防衛 
田中教仁 (ドリーム)   東京・後楽園ホール  2011年4月2日
【10R判定3-0】
※日本ミニマム級タイトルマッチで2度目の防衛 
武市晃輔 (金沢)   東京・後楽園ホール  2010年5月1日
【10R判定3-0】
※日本ミニマム級タイトルマッチで初防衛
金田淳一朗 (白井・具志堅)   東京・後楽園ホール 2009年9月5日
【10R判定3-0】
※日本ミニマム級王座決定戦で第23代王者に
堀川謙一 (SFマキ)   大阪・IMPホール 2009年6月21日
【3R2分11秒 TKO】 シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)   東京・後楽園ホール  2009年3月17日
【8R判定3-0】 須田拓弥 (沼田)   東京・後楽園ホール 2008年10月18日
【2R2分35秒 TKO】 トンタイレック・ソー・タナピンヨー(タイ)   神奈川・パシフィコ横浜 2008年9月15日
【6R判定0-2】
日本タイトル挑戦権獲得トーナメント準決勝 
辻昌建 (帝拳)   東京・後楽園ホール 2008年7月1日
【10R判定3-0】 久田恭裕 (横浜さくら)   東京・後楽園ホール 2008年4月30日
【12R判定0-3】
※WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 
イーグル京和(タイ)   神奈川・パシフィコ横浜  2007年6月4日
【1R2分55秒 KO】
※OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチで初防衛 
リェムペッ・ソー・ウィラポン(タイ)   神奈川・パシフィコ横浜 2006年9月18日
【5R2分19秒 KO】
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦で第11代王者に 
ウィラサック・チューワタナ(タイ)   神奈川・横浜文化体育館 2006年4月3日
【10R判定3-0】 エルマー・ゲホン(フィリピン) 第19回 フェニックスバトル 神奈川・横浜文化体育館  2005年12月5日
【2R1分38秒 KO】 ダンチャイ・シスサイソン(タイ) 第18回 フェニックスバトル 東京・後楽園ホール 2005年8月22日
【1R2分50秒 KO】 プーンサワット・ウアサムパン(タイ) 第17回 フェニックスバトル 東京・後楽園ホール  2005年5月18日
1R1分20秒 KO】
※デビュー戦 
中山智善 (黒潮) 第16回 フェニックスバトル 神奈川・横浜文化体育館 2005年3月26日

TOP > 選手名鑑 一覧 >八重樫 東 (ボクシング)