TOP > 選手名鑑 一覧 >井上尚弥 (ボクシング)

井上尚弥 (いのうえ・なおや Inoue Naoya) 
生年月日 1993年4月10日 
出身 神奈川県座間市
身長・体重 163cm・-kg
所属 大橋ボクシングジム
出場団体  
 
デビュー戦 2005年3月26日
【1R1分20秒 KO】中山智善
主なタイトル獲得歴 ・第17代WBO世界スーパーフライ級王者(防衛回数:5)
・第33代WBC世界ライトフライ級王者
・第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
・第36代日本ライトフライ級王者
バックボーン  
戦績 13戦13勝(9KO) 
詳細
デビューから3戦3KOで、国内ボクシング史上最短となる4戦目での日本タイトル奪取。2014年4月に国内最短記録となる6戦目での世界王座獲得を達成。2014年12月には、11度の防衛に成功している“超怪物”ナルバエスを2RKOで下し、世界最速記録となる8戦目での2階級制覇を達成した。
ブログ:井上尚弥のブログ
~全プロ戦績~
勝敗 対戦相手 大会名 会場 日時
【3R1分08秒 KO】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで5度目の防衛
リカルド・ロドリゲス(アメリカ) ボクシングフェス2017 井上尚弥・八重樫東 ダブル世界戦 東京・有明コロシアム 2017年5月21日
【6R1分01秒 TKO】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで4度目の防衛 
河野公平(ワタナベジム) ボクシングフェス2016 東京・有明コロシアム 2016年12月30日
【10R3分03秒 KO】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで3度目の防衛  
ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ) ボクシングフェス9・4~井上尚弥、世界タイトルV3戦~ 神奈川・スカイアリーナ座間 2016年9月4日
【12R判定3-0】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで2度目の防衛 
ダビド・カルモナ(メキシコ) ボクシングフェス5・8~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~ 東京・有明コロシアム 2016年5月8日
【2R1分20秒 TKO】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで初防衛 
ワーリト・パレナス(フィリピン)  ボクシングフェス2015 世界ダブルタイトルマッチ 東京・有明コロシアム 2015年12月29日
【2R3分01秒 KO】
※WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで第17代王者に 
オマール・ナルバエス(アルゼンチン) ボクシングフェス2014 SUPER BOXEO 東京体育館  2014年12月30日
【11R1分08秒 TKO】
※WBC世界ライトフライ級タイトルマッチで初防衛 
サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)  BOXING DIAMOND GLOVE SP THE FIGHT 東京・代々木第二体育館 2014年9月5日
【6R2分55秒 KO】
※WBC世界ライトフライ級タイトルマッチで第33代王者に 
アドリアン・エルナンデス(メキシコ) BOXINGダイヤモンドグローブSP 東京・大田区総合体育館  2014年4月6日
【5R2分11秒 TKO】
※OPBF東洋太平洋ライト・フライ級王座決定戦で第33代王者に 
ヘルソン・マンシオ(フィリピン) DIAMOND GLOVE SPECIAL 東京・両国国技館 2013年12月6日
【12R判定3-0】
※日本ライトフライ級タイトルマッチで第36代王者に 
田口良一(ワタナベ) 第45回フェニックスバトル 神奈川・スカイアリーナ座間 2013年8月25日
【10R1分09秒 KO】 佐野友樹(松田)   東京・後楽園ホール 2013年4月16日
【1R1分50秒 KO】 ガオプラチャン・チュワタナ(タイ)   東京・後楽園ホール 2013年1月5日
【4R2分04秒 KO】
※デビュー戦 
クリソン・オマヤオ(フィリピン)   東京・後楽園ホール 2012年10月2日

TOP > 選手名鑑 一覧 >井上尚弥 (ボクシング)

イベント日程
2015年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る