TOP > 試合結果

【パンクラス】ライト級王者は大石、井上が防衛成功!GPで新世代が躍進

2011/05/03(火)UP

▼第5試合 ウェルター級 5分3R
○ストラッサー起一(フリー/同級8位)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
●URAKEN(Team ura-ken/同級2位)

 2月のディファ有明大会で佐藤豪則に敗れて、王座から陥落したURAKEN。対戦相手のストラッサーは約9カ月ぶりのパンクラス参戦となる。

 1R、URAKENはジャブを顔とボディに打ち分ける。そしてURAKENが右フックで前に出たところで、ストラッ サーのインローがローブローとなる。再開後、上体を下げてジャブと右フックで前に出るURAKEN。ストラッサーは下がりながらも右ストレートを合わせ、 組み付いてURAKENをテイクダウンする。

  インサイドガードで上になったストラッサーはパンチを落としながら、足を一本またいでハーフガードへ。しっかりURAKENの上体を固めてパスガードに成 功する。ここはURAKENがハーフガードに戻し、ブレイクとなるが、すぐにストラッサーがURAKENをテイクダウン、細かくパンチを落とす。

 2R、ストラッサーの右ストレートにURAKENが右フック。これでストラッサーがバランスを崩すが、すぐにタックルに入ってURAKENをテイクダウンする。

  インサイドガードから右のパンチを当てるストラッサー。ここでブレイクとなり、額をカットしたURAKENにドクターチェックが入る。

 再開後、ストラッサーがURAKENの打撃に合わせて両足タックルでテイクダウンし、サイドポジションからボディに ヒザ蹴り。ハーフガードに戻るとアームロックを仕掛けつつ、パスガードやマウントポジションを狙う。インサイドガードからストラッサーがパンチを落とし て、ラウンド終了となった。

  3R、URAKENの右フックを空振りさせて、ストラッサーが両足タックル。URAKENはアームロックを狙いながら、テイクダウンをディフェンスする。 試合がスタンドに戻るとストラッサーがURAKENをテイクダウン。URAKENはストラッサーの体を蹴り離そうとするが、そこにストラッサーが右のパン チを落とす。

 ストラッサーがインサイドガードになって右のパンチをコツコツ落としたところでブレイクとなる。ブレイク後、URAKENが右ハイキック、左フック。

  ストラッサーはその打ち終わりに組み付いて、テイクダウンを狙う。残り20秒、URAKENがストラッサーのタックルに合わせてフロントチョークを仕掛けるが、ストラッサーは頭を抜いてそれをディフェンスする。

 判定は3-0でストラッサーの勝利。前王者URAKENを下したストラッサーは「僕が欲しいものはベルトです。僕がウェルター級のヒーローになって活躍します。だから次はチャンピオンとやらせてください。よろしくお願いします!」とタイトル挑戦をアピールした。


▼第4試合 バンタム級 5分3R
△赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン/同級2位)
ドロー 判定1-1 ※29-28、28-29、29-29
△石渡伸太郎(フリー/修斗環太平洋ライト級3位)

 修斗、SRCで活躍した石渡がパンクラスに初参戦。迎え撃つ赤井はバンタム級2位で、昨年9月には井上学が持つベルトにも挑戦している。今後のバンタム級戦線を占う意味でも重要な一戦となった。

 1R、サウスポーに構える両者。じりじりと前に出る赤井に対して、石渡は右に回りながら右ボディ、右フックを返す。赤井の右フックに対し、石渡が右フックを合わせて、そのまま赤井をテイクダウン。しかし赤井もすぐに立ち上がる。左ストレートから右フックを返す石渡。

  積極的にパンチで前に出て行く赤井だが、石渡のカウンターの右フック、左ストレートが当たる。右ボディから顔面への右フックにつなげる石渡。赤井は石渡のジャブを受けて左ロー。石渡が左ハイキックを蹴る。

 2R、石渡が右ミドル、右ボディから右フックを返す。赤井はプレッシャーをかけて前に出ると、石渡が前蹴りや左ストレートを返す。赤井はパンチを振ってから左ロー。右フックから左ストレート、右フックから左ローを蹴る。

 足を使って距離を取りながら戦う石渡は飛びヒザ蹴り、両足タックル、そして右フックから左ストレート! 細かくジャブを突いて赤井の前進を止める。残り10秒で組みの攻防となり、ラウンド終了となる。

 3R、ここも足を使って距離を取りながらジャブ、右フックを当てる石渡。赤井はそれをもらいながらも左ローを蹴り返 す。石渡の右フック、赤井の左ストレートが何度も交錯する中、赤井の左ストレート、右フックがヒット! これで石渡がバランスを崩し、赤井が一気に左右の 連打で前に出る。

  しかし石渡も組み付いてそれを凌ぐと、アゴを引きながら前に出て左ストレート、右フック! ジャブ、右フックで赤井を下がらせる。これで赤井は口から出血 するが、左ストレートで前に出る。最後は互いに顔を血で染めながら打撃戦を繰り広げ、試合終了。判定は三者三様のドローに終わった。


▼第3試合 ウェルター級 5分3R
△鳥生将大(パンクラスism/同級3位)
ドロー 判定0-0 ※3者とも30-30
△長岡弘樹(総合格闘技道場DOBUITA/同級10位)

 前回大会ではウェルター級に階級を落とした近藤有己から勝利を奪っている長岡。対する鳥生は同じ大会で石川英司に敗れており、今回が出直しの一戦となる。

 1R、サウスポーに構える両者。鳥生が長岡をロープまで押し込んでテイクダウンを狙うが、逆に長岡が鳥生の足を払っ てバランスを崩す。ブレイク後、ジャブとインローを出す鳥生。長岡はワンツーで前に出て、鳥生をロープまで押し込む。鳥生が体勢を入れ替えたところでブレ イクとなる。

 再開後、すぐに2人は組み、コーナー際でテイクダウンを狙う攻防が続き、ブレイク。レフェリーからはネガティブファイト(消極的な試合)で両者に口頭注意が与えられた。長岡が鳥生のボディにパンチをまとめて、鳥生をコーナーに押し込んでラウンド終了となった。

 2R、左ストレートから前に出る長岡。鳥生は右フック、左ローを返す。長岡が鳥生をコーナーまで押し込むと、鳥生は首相撲を駆使して長岡のテイクダウンをディフェンスする。ブレイク後、鳥生がジャブを突いて片足タックル、そのまま長岡をテイクダウンする。

  サイドポジションをとった鳥生はマウントポジションを狙うが、長岡は両足を入れてガードポジションに戻す。

 長岡はアームロックを狙いながら立ち上がり、鳥生は長岡のバックについてコーナーに押し込む。そして長岡の体を持ち 上げてバスター。しかし長岡はすぐに立ち上がり、逆に両足タックル。鳥生の体を持ち上げてテイクダウンする。一度は立ち上がった鳥生だったが、長岡が再び 鳥生をテイクダウン。長岡がハーフガードで上になったところでラウンド終了となった。

 3R、組みの攻防から長岡が鳥生をロープまで押し込んで両足タックルでテイクダウンを奪う。長岡はハーフガードからコツコツとパンチを落とす。鳥生はブリッジを効かせて立ち上がろうとするが、長岡はしつこく鳥生にタックルに組みつき、コーナーまで押し込む。

  長岡が鳥生の両足を束ねて引っこ抜くようにしてテイクダウンを狙う。尻餅をつきながらもすぐに立ち上がる鳥生。ここでブレイクとなる。再開後、左ストレートで前に出る長岡。

  鳥生も下がりながら左ハイキックを狙う。ここで組みの攻防になると長岡が両足タックルで鳥生をコーナーまで押し込む。長岡がしつこくテイクダウンを狙い、 鳥生がそれを凌ぐという展開が続く。ブレイク後、鳥生が左ハイキック! 長岡のパンチに両足タックルを合わせてテイクダウンするが、長岡も鳥生に背中を見 せるようにして立ち上がる。最後は長岡が鳥生と正対したところで試合終了。両者に明確な差はなくドローとなった。


▼第2試合 フェザー級 5分2R
○鹿又智成(パラエストラ八王子/同級1位)
一本 1R4分8秒 ※V1アームロック
●高藤正和 (高田道場/同級6位)

 ランキング1位の鹿又とランキング入りしたばかりの高藤による一戦。1R、サウスポーの高藤に対し、一気に距離を潰して組みに行こうとする鹿又。高藤はそれをディフェンスしながらヒザ蹴り、左ストレートを当てる。

 スタンドの攻防で鹿又が高藤のバランスを崩し、グラウンドで上のポジションを取る。鹿又はコツコツとパンチを落としながらハーフガードへ。鹿又はパスガードを狙いながらV1アームロック! 鹿又がトップランカーの強さを見せた。


▼第1試合 ライトフライ級 5分2R
○V.V Mei(フリー/VALKYRIEフェザー級王者)
一本 1R3分52秒 ※腕ひしぎ十字固め
●ベティコ(和術慧舟會RJW)

 前回大会ではパンクラス史上初の女子選手によるメインイベントで勝利したV。今大会では第1試合に登場し、ベティコと対戦した。

 1R、どっしりと構えて前に出て行くV。ベティコはジャブと右ローを蹴る。Vはベティコの右ローに右ストレートで飛 び込み、ベティコの右ミドルをキャッチして右ストレート! テイクダウンを奪ったVはすぐにマウントポジションを取ると、右のパンチをベティコの顔面に落 とす。

  そしてベティコの右腕を取って腕十字! 公開練習で見せたパウンドを交えた関節技でVが鮮やかな一本勝ちを収めた。

▼パンクラスゲート第5試合 ミドル級 5分2R
△成田健二(和術慧舟會東京本部)
ドロー ※時間切れ
△笹川順平(GRABAKAジム)

▼パンクラスゲート第4試合 ライト級 5分2R
△平山 学 (Laughter7)
ドロー ※時間切れ
△須貝幸市(TEAM FIGHT SUNS)

▼パンクラスゲート第3試合 フェザー級 5分2R
△須崎“ジオング”康文(GRABAKAジム)
ドロー ※時間切れ
△深沢 駿(パラエストラ八王子)

▼パンクラスゲート第2試合 バンタム級 5分2R
○ 北郷祐介(和術慧舟會TIGERPLACE)
TKO 2R13秒 ※レフェリーストップ
●小渕真毅(総合格闘技道場武門會)

▼パンクラスゲート第1試合 バンタム級 5分2R
○小田切勇(和術慧舟會TLIVE)
一本 2R2分4秒 ※チョークスリーパー
●森竹康之(ツイスト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果