TOP > 試合結果

【タイファイト】香港大会で松本哉朗がKO勝利!山崎陽一はTKOで敗れる

2011/07/17(日)UP

  7月17日(日・現地時間)香港・Helong Stadium Changshaで『THAI FIGHT EXTREME』が行われた。

 今大会には日本から、日本ヘビー級王者・松本哉朗(藤本/新日本キックボクシング協会)、山崎陽一(シルバーウルフ)の2選手が参戦。

 香港の人気選手でもあるジェームス・カオウミ(コートジボワール)と対戦する松本は、入場から堂々とした雰囲気でリ ングイン。カオウミの攻撃に対しても冷静な対応で闘い、3Rに右ストレートでKO勝ち。会場中が大興奮だった。松本は「THAI FIGHTに参加できたことの喜びだけでなく、日の丸を香港で掲げられたことをうれしく思っており、またTHAI FIGHTで日本選手の強さを世界に見せつけたい、チームサムライの応援ありがとうございました」と勝利の喜びを語った。

 一方、5月のTHAI FIGHTフランス大会で山本バッファ弘樹を下したイブラヒム・チアホウ(モロッコ)と対戦した山崎は、前半は自分から攻めていたものの、後半はチアホウの反を受けて3RにTKO負け。

 山崎にとって海外の試合は初めてで、コンディションはよかったものの多少の緊張はあった様子。結果は伴わなかったが「今回の大規模で華やかな会場とたく さんの観客の前で試合をすることができて、この経験を今後の試合へ生かす」と語ってくれた。

 なお今大会には8・7有明コロシアム大会に出場するブアカーオ・ポー.プラムック、スッサコーン・ソー・クリンミー、ヨーセングライ・フェアテックスのムエタイ軍団は全員勝利。日本大会に向けて弾みをつけた。

「THAI FIGHT EXTREME」
2011年7月17日(日・現地時間)香港・Helong Stadium Changsha

<決定対戦カード>

○松本哉朗(藤本/日本ヘビー級王者/新日本キックボクシング協会)
KO 3R ※右ストレート
●ジェームス・カオウミ(コートジボワール)

○イブラヒム・チアホウ(モロッコ)
TKO 3R
●山崎陽一(シルバーウルフ)

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果