TOP > 試合結果

【J-NETWORK】悲願達成!炎出丸がスーパーバンタム級王座獲得

2013/03/24(日)UP

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2013 1st」
2013年3月24日(日)東京・新宿FACE


炎出丸(右)が首相撲でさと吉(左)をコントロールした

▼メインイベント(第11試合) J-NETWORKスーパーバンタム級王座決定戦 3分5R延長1R
炎出丸(ひでまる/クロスポイント吉祥寺/J-NETWORKスーパーバンタム級1位、WPMF日本同級3位)
判定3-0 ※50-48、50-48、50-47
●さと吉(アクティブJ三軒茶屋/J-NETWORKスーパーバンタム級4位、WPMF日本同級8位)
炎出丸が新王座に就く

 両者は昨年12月9日から始まった王座決定トーナメントで勝ち上がり、今回が決勝戦。ムエタイベースの蹴り技を主体とする炎出丸は、同タイトルの暫定王座に就いたこともあり、経験と実力からタイトルに一番近い男と目されている。

 対するさと吉も蹴りが主体のファイトスタイルのため、試合はローキックやミドルキックの蹴り合い、首相撲からのヒジ・ヒザの攻防となりそうだ。ベテランの炎出丸が悲願の正規王座に就くのか? それとも10戦目のさと吉がベテランの牙城を打ち砕くのか? 

  1R序盤はローの蹴り合いが続くが、炎出丸がタイミングよく前蹴りを入れて、そこから左右のロー。さらに左フックから右ローを的確に当てる。

 2R、さと吉は左ミドルを蹴って、そこから左ハイキックへ。炎出丸はブロックして前蹴りと右ロー。さと吉が下がると右のヒジ打ちと左のヒザ蹴り。首相撲に持ち込むと、さと吉をマットに倒す。

 3R、前蹴りと左ミドルで距離を取ろうとするさと吉。炎出丸も前蹴りとミドル、さらにローを返して、首相撲に持ち込むとボディにヒザ蹴りを突き刺す。

 4R、炎出丸は前蹴りで距離を取り、さと吉がパンチで前に出てくると首相撲へ。さと吉の体を伸ばすようにしてボディにヒザ蹴り、首相撲で優位に立つ。

 5Rも炎出丸が首相撲を中心にした戦い方でさと吉をコントロールし続け、最大3ポイント差の判定勝利を収めた。

 悲願の王座獲得となった炎出丸は、「暫定王座は一度獲ったことがあるんですけど、ずっと正規王座には縁がなくて、悔しい想いをしてきました。僕は沖縄から東京に出てきて、応援してくれる方々に恵まれて、頑張ることが出来ました。会長含め、会員さん、ジムの仲間たち。本当にありがとうございました」と感謝の言葉。

 バックステージでは「今日はリスクがあることをしない、安パイの試合をしました。でもこれで一区切りついたんで、次からはもっと見ている人の記憶に残る試合が出来るように。この階級は強いタイ人とやっても盛り上がらないことが多い。だから日本人同士で熱い試合が出来るように自分を磨きたい」と、王者としての意気込みを語った。



▲小田巻(右)がタイミングよく前蹴りを当てる

▼セミファイナル(第10試合) J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○小田巻洋子(WSRフェアテックスジム)
判定3-0 ※三者とも30-29
●サンチェス弥生(Madness Cherry/J-GIRLSフライ級1位)
※小田巻が準決勝に進出

 サンチェスと小田巻はともに2011年デビュー、今回が初対決となる。サンチェスは昨年8月にトモコSPと王座決定戦を争ったが、判定2-1のスプリットデシジョンで涙を呑んだ。一方の小田巻は昨年2月以降は怪我に泣き、今回が1年ぶりの復帰戦となる。

 1R、小田巻が前蹴りでサンチェスを下がらせ、パンチと右ロー。サンチェスも右ストレートを当てるが、小田巻が前に出る。小田巻の右ストレートでサンチェスが尻餅をつくが、これはスリップ。しかし小田巻が前に出続けるラウンドとなった。

 2R、サンチェスは足を使って距離を取りつつ、小田巻が前に出てくるところに右ストレート。小田巻はそれをもらってもパンチとローで前に出る。

 3R、前蹴りで距離を作ろうとする小田巻。サンチェスはそれをかわして右ストレートをタイミングよく当てる。小田巻はここまでと同じようにパンチとローで前進。終了間際、サンチェスが組んでからのヒザを出してしまい、注意を受ける。

 判定はジャッジ3名とも30-29で小田巻の勝利。すでに準決勝進出を決めている、いつか(新宿レフティージム)と松田玲奈(y-park)に加え、小田巻と難波が準決勝に勝ち進んだ。

 試合後はその4選手がリングに上がり、準決勝の組み合わせ抽選が行われ、準決勝はいつかvs難波、松田vs小田巻に決定。4選手はそれぞれ以下のように意気込みを語った。

いつか「このトーナメントは誰と当たっても結果は同じです。トモコSP選手に勝ってベルトを獲ることも通過点で、その先を考えて試合をします」

難波「私は今まで一階級上のバンタム級で戦ってきたので、他の3人を見ると小さくて細いですね。私のパンチで倒れると思います。私はチャクリキ西日本のベルトを持っていますが、2本目のベルトを持って大阪に帰ろうと思います。軽く優勝できるように頑張ります」

松田「トモコSP選手とやるのは自分です。あと2試合しっかり倒して、トモコ選手も倒してベルトを獲ります」

小田巻「応援に来てくれたみなさんのおかげで勝つことが出来ました。みなさんあっての勝利で、次も勝ちたいと思います」


▼第9試合 J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
○難波久美(MA・契明ジム/J-GIRLSバンタム級3位、日本チャクリキ協会バンタム級女子王者)
不戦勝 ※NANA☆SEが欠場のため
●NANA☆SE(KING EXCEED/J-GIRLSバンタム級9位)
※難波が準決勝に進出



▲富士丸(左)にとっては首相撲に持ち込まれる展開が続いた

▼第8試合 69kg契約 3分3R
△富士丸亮太(天空・藤/J-NETWORKウェルター級8位)
判定1-1 ※28-29、30-29、29-29
△Jun Da 雷音(NJKF・E.S.G/NJKFウェルター級7位)

 魔裟斗を育てたことで知られる名伯楽・加藤重夫会長の秘蔵っ子・16才の富士丸が、首相撲からのヒザが得意なムエタイスタイルのJunと対戦。

 1R、富士丸が前蹴りとミドル。Junも右ローを蹴り返して、首相撲に持ち込む。2R、Junが首相撲で富士丸をコントロールするが、3Rは富士丸も顔面前蹴りやミドル、ローを当てる。判定は三者三様のドローに終わった。



▲久世(左)が右ストレートでダウンを奪って判定勝利

▼第7試合 フェザー級 3分3R ※ヒジあり
○久世秀樹(RANGER品川/J-NETWORKフェザー級10位)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級2位)

 八神はトリッキーなファイトスタイルで観客を沸かせるハードパンチャー。昨年9月のJ-FIGHTにてKING皇兵に3RKO勝利、連勝記録を4に伸ばし波に乗っていたが、今年1月のKrushで武尊に1RKO負け。今大会では、J-NETWORKフェザー級10位・久世を相手に再起戦に臨む。

 1R、いつものようにノーガードの八神がローを蹴って、そこから左右のパンチで飛び込む。久世はそこにミドルを蹴って、首相撲に持ち込み、ヒジとヒザを狙う。そして2R、久世が首相撲の離れ際に右ストレートを当ててダウンを奪う。

 3R、八神がヒジ、フック、アッパー、バックキックと猛攻を仕掛けるが、久世が首相撲で有効打を許さず。判定で久世が逃げ切り、格上の八神から勝利をもぎとった。


▼第6試合 スーパーライト級 3分3R
○威紅狼(いくろ/アカデミアアーザ)※畠山育朗より改名
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●ひろき☆感激!!(エスジム)※谷川尋紀より改名

▼第5試合 J-NETWORKフェザー級新人王トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○仲尾宗一郎(MONSTAR GYM/ザ☆スクールウォーズBリーグ62kg級優勝)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-28
●浅野賢吾(ポゴナクラブ)

▼第4試合 J-NETWORKフェザー級新人王トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○野中大資(のなか・だいすけ/Ten Clover Gym)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●東風シンジロウ(こち・しんじろう/JTクラブ/初代J-NETWORKアマチュアフェザー級王者)

▼第3試合 J-NETWORKウェルター級新人王トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○ファイアー学(Ten Clover Gym) 
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
●倉澤和行(ポゴナクラブ)

▼第2試合 J-NETWORKバンタム級新人王トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○しゅんキング(STB JAPAN)
不戦勝 ※森本が欠場のため
●森本将親(もりもと・まさちか/KIBAマーシャルアーツ)

▼第1試合 アトム級 2分3R
○443(よしみ/フォルティス渋谷)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●湯山綾香(谷山ジム小田原道場)

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果