TOP > 試合結果

【グローリー】-65kg世界大会は久保が野杁を破り優勝

2013/05/03(金)UP

▲優勝賞金10万ドルを手にした久保優太(左)。右はマーカス・ルアーGSI(グローリー・スポーツ・インターナショナル)マネージング・ディレクター

グローリー・スポーツ・インターナショナル
「GLORY 8 TOKYO -65kg Slam」
2013年5月3日 (金)東京・有明コロシアム


▼メインイベント(第13試合) -65kg SLAM 決勝戦 3分3R
久保優太(Fighting Kairos/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本トーナメント王者、Krush-67kg初代王者、ISKA世界ライトウェルター級王者)
判定 ※146-134
野杁正明(のいり・まさあき/OISHI Gym/Road TO GLORY JAPAN -65kg Slam優勝)
※久保がトーナメント優勝。

 -65kg世界トーナメントの決勝戦は、日本人同士で争われた。久保は2011年のK-1 WORLD MAX -63kg日本トーナメントで優勝し、現在はKrushの-67kg級王者。野杁は2009年のK-1甲子園で優勝し、2011年にはKrush YOUTH GPでも優勝した。ともにK-1で育ち、現在はKrushを主戦場にしている選手だ。両者は2011年にK-1で対戦し、この時は久保が判定勝ちしている。

 1R、久保がワンツーで先制し、野杁はジャブと左ロー。久保の三日月蹴りとボディへのパンチに野杁が右フックを返す。久保は野杁の蹴り足をキャッチしてのパンチ、組んでのヒザ蹴り。

 組みに来る久保に野杁は左右フックを放つ。久保は右ボディを狙い撃ちし、左フックから右ストレート、さらに前蹴り。

 ラウンド終了と同時に久保が放った後ろ蹴りが野杁の急所を直撃し、野杁は完全に倒れ込んでしまった。オープンスコアはジャッジ3名が10-9で野杁、2名が10-9で久保。

 2R開始の時間になっても野杁は立ち上がることさえ出来ない。ファウルカップが破損し、付け替えられるが野杁はまだ苦しそうな表情。1回戦でもヒザ蹴りを急所に受けてダウンしており、ダメージは深刻だ。長い休憩が取られ、ようやく試合再開。

 2R、両者前蹴りを放ち、久保は左フックを狙う。野杁の右ハイキックが久保の頭部をかすめ、久保も左ハイを蹴り返す。パンチと前蹴りでボディを狙う久保。さらにヒザ蹴りも突き刺す。

 野杁は左フックを返すが単発に終わり、久保がパンチをガードの上から入れていく。両者クリンチが多い。ジャッジ1名が10-9で野杁、4名が10-9で久保となった。

 3R、野杁は前蹴りを連打、久保は軸足を払って野杁を転倒させる。ボディを連打してくる久保に野杁は左フック。久保は左フック、ガードの隙間を縫うような右の連打。野杁も右ボディからの左フックで応戦する。

 両者クリンチが続き、レフェリーから注意を受けると打ち合いになるが、またもクリンチとなって再度レフェリーから注意を受ける。

 久保の連打をガードして左フックを返そうとした野杁に、久保がカウンターの左フック! これで野杁がダウンを喫する。久保はジャブ、右ボディ、野杁はハイキックで逆転を狙うが久保はヒザ蹴り。そして試合終了のゴング。

 判定勝ちした久保が優勝、世界一の座に就き賞金10万ドルを手にした。

 試合後のインタビューでは「ローブローが入ったにも関わらず立って試合を続行してくれた野杁選手に感謝しています」と言い、「日本で行われるトーナメントで、日本代表としてKrushの代表としても負けるわけにはいかなかった。世界一になれたことが嬉しい」と優勝の喜びを語った。

 また、1回戦で相手のヒジを蹴って左足の甲を負傷し、蹴りが思うように出せなかったことも明かした。目標とする70kg級転向については「トレーナーと相談して今後決めます」とした。

 敗れた野杁は「(ローブローで)正直、気持ち悪くなって試合を終わらせたいと思った」とダメージの深さを打ち明けたが、「相手が狙って蹴ったわけではなく偶発的なものなので仕方がない」と潔く語った。



▼セミファイナル(第12試合) スーパーファイト ヘビー級
○ピーター・アーツ(オランダ/K-1 WORLD GP’94・’95・’98優勝)
TKO 2R2分28秒 ※3ノックダウン
●ジャマル・ベン・サディック(ベルギー)

 K-1で活躍したアーツは昨年の大みそかに日本で開催された『GLORY 4』に出場、ヘビー級トーナメント一回戦のムラッド・ボウジディ戦で右拳を負傷し、無念のTKO負けを喫した。約半年ぶりの来日で、完全復活したアーツの姿は再び見られるのか。対するサディックは同トーナメント一回戦でエロール・ジマーマン、準々決勝でレミー・ボンヤスキーを下す番狂わせを起こし、ベスト4入りしている。

 1R、右ローを放ったアーツに、サディックはパンチを振り回して襲い掛かる。サディックのよく伸びるパンチに仰け反ってしまうアーツ。

 サディックは左右フックでアーツを仰け反らして左フックでダウンを奪う。さらに突進するサディックに場内からは大きなどよめき。アーツは右目上をカットして流血し、ドクターチェックを受ける。

 アーツは右ストレートと右ローで応戦するが、サディックのなぎ払うような左右フックにバランスを崩す。アーツに2度目のドクターチェック。

 再開後、右ストレートと左ハイで反撃を試みるアーツだが、サディックのパワーに押されて後退を繰り返す。オープンスコアはジャッジ5名とも10-8でサディック。

 しかし、2R開始と同時にアーツが奇襲のラッシュを仕掛け、右ストレートでダウンを奪う! 立ち上がるとサディックは左右フックで反撃するが、アーツも打ち合いに応じる。

 場内はヒートアップするが、アーツに3度目のドクターチェック。再開と同時に襲い掛かるアーツ。

 コーナーへサディックを追い詰めて右ストレートの一撃! これで2度目のダウンを奪う。

 サディックは左右フックを打ち返すが、アーツはワンツーで突進。そして組み付くと顔面へのヒザ蹴りでサディックを倒す! 3ノックダウンでアーツが逆転のTKO勝ち! 場内は大歓声に包まれた。



▼第11試合 スーパーファイト -70kg級
○アンディ・リスティ(スリナム)
KO 2R27秒 ※右ヒザ蹴り
●アルバート・クラウス(オランダ/K-1 WORLD MAX 2002世界トーナメント優勝)

 魔裟斗のライバルであり、K-1 WORLD MAX世界トーナメントの初代王者クラウスに挑むは、脅威の身体能力を誇るリスティ。新旧70kg級の強豪が激突する。

 1R、リスティはいきなり左右のヒザ蹴りから槍のようなワンツー。クラウスは左フックで応戦するが、リスティが次から次へと蹴りを放ってくる。クラウスが入ってくるところにヒザ蹴りを合わせるリスティ。

 長いリーチを活かしてロングの距離からパンチも出していく。クラウスはパンチの距離がつかめない様子だ。オープンスコアはジャッジ5名とも10-9でリスティ。

 2R、クラウスのフックを仰け反ってかわし、クラウスがパンチを打ってきたところで左手をクラウスの頭に引っ掛けての右ヒザ蹴り! カウンターでアゴにもらったクラウスはダウン! 10カウントが数えられ、ノックアウト! リスティがクラウスをKOに破り、世代交代を印象付けた。

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2013年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る