TOP > 試合結果

【J-NETWORK】バンタム級王者・木村がドローで初防衛

2013/05/19(日)UP

▲木村(左)vsよーじろー(右)のタイトルマッチはドロー

J-NETWORK
「J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.30~」
2013年5月19日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント J-NETWORKバンタム級タイトルマッチ 3分5R
△木村健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKバンタム級王者)
ドロー 判定1-1 ※48-50、48-48、49-48
△よーじろー(WSRフェアテックスジム/挑戦者・J-NETWORKバンタム級1位、WPMF日本スーパーフライ級7位)
※木村が初防衛に成功。

 今回が初防衛戦となる王者・木村に挑戦するのは同級1位のよーじろー。木村は身長差7cmの体格差を活かし、序盤からプレッシャーを掛けていく。

 対するよーじろーは左縦ヒジ、ローを返す。木村は果敢に前に出てパンチで詰めてのヒザ、ヒジを浴びせる。よーじろーはバックスピンキックからのパンチ連打、ローも的確に当て、木村に反撃する。

 後半は木村がよーじろーをコーナーに詰めて飛びヒザからのヒジ、ヒザで追い詰める場面もあったが、最終R、よーじろーが観客の大声援を受けて盛り返し、バックスピンキック、バックブローなどの大技を見せて反撃。木村の動きが鈍ったところにパンチの連打。

 手数が減る木村だが最後の最後まで気持ちは折れず、ロープに押しこんでヒジを見舞うなど、攻撃の手を休める事はなかった。

 フルラウンド戦って結果は三者三様の判定1-1で木村のドロー防衛となった。


▲前口(右)がTKO勝ちでタイトル挑戦権を獲得

▼セミファイナル J-NETWORKライト級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
前口太尊(PHOENIX/J-NETWORKライト級3位、RISEスーパーフェザー級5位)
TKO 2R2分42秒
●増田卓仁(WSRフェアテックスジム/J-NETWORKライト級5位、WPMF日本同級6位)
※前口がライト級王座への挑戦権を獲得。

 現ライト級王者・遠藤信玄(スクランブル渋谷)が保持するベルトを狙い、同級3位の前口と同級5位の増田が激突。

 1R、パンチを得意とする前口はジャブを突きながら右フック、右ボディーから左フックにつなぐ。プレッシャーを掛ける前口に対し、増田は左フック、右のカウンター、ローをコツコツ当てて返していく。

 2R、前口のボディブローをきっかけに増田の動きが止まり、前口はパンチの連打を浴びせて左ボディでダウンを奪う。再開後、すぐさまパンチラッシュで襲いかかる前口に増田は防戦一方となり、レフェリーストップで前口のTKO勝利となった。

 前口は「自分、カッコよかったですか?」と先日のボクシング世界戦にて初防衛に成功したライトフライ級王者・井岡一翔(井岡)とミニマム級王者・宮崎亮(井岡)のマイクをまねて笑いを誘った。今回の試合でKO率70%超えを果たし、後日開催されるタイトルマッチに挑む。


▼第5試合 ウェルター級 サバイバルマッチ1
○板倉直人(スクランブル渋谷/J-NETWORKウェルター級9位)
判定3-0 ※30-24、30-24、30-25
●CAZ JANJIRA(JANJIRA GYM/J-NETWORKウェルター級5位)

▼第4試合 フェザー級 3分3R ※ヒジあり
○立澤敦史(チャモアペット・ムエタイ・アカデミー/WPMF日本フェザー級6位)
判定3-0 ※三者とも30-28
●NOWAY(レグルス池袋)

▼第3試合 ライト級 3分3R ※ヒジあり
○小磯哲史(TESSAI GYM)
KO 1R58秒
●嘉村佳孝(MSJ/KOSライト級王者)

▼第2試合 J-NETWORKバンタム級新人王トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○千吉良恭平(ちぎら・きょうへい/libre roi)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●しゅんキング(STB Japan)
※千吉良がトーナメント優勝。

▼第1試合 70kg契約 3分3R
○松島勲也(MSJ)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●記村一成(小比類巻道場)

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果