TOP > 試合結果

【レベルス】メインが不完全燃焼のドロー、早期再戦へ

2013/07/21(日)UP

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

▲小宮(左)はリング上で悔し涙を流し、しばらく立ち上がることも出来なかった。それを見つめる藤田(右)

REBELSプロモーション
「REBELS.18」
2013年7月21日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第11試合) REBELS65kgタイトルマッチ REBELSルール 3分5R
△藤田ゼン(エイワスポーツジム/王者)
ドロー 判定0-1 ※49-50、49-49、49-49
小宮由紀博(スクランブル渋谷/挑戦者)
※藤田が負傷のため試合続行不可能となり、5R1秒までの採点。藤田が初防衛に成功。

 王者・藤田が小宮を挑戦者に迎え初防衛に臨む。両者は3月のGLORY日本トーナメントに出場し、準決勝でそれぞれ敗れており、この一戦はトーナメント3位決定戦ともいえる対決となった。

 1R、小宮がジャブ、右ロー、左ミドルでまず試合をリード。藤田は右ローとローからのフック、左ミドル。藤田の出足がやや慎重だった。

 2R、両者接近してショートのパンチを打ち合う。小宮は密着して藤田をロープに押し付けてボディの連打、藤田はヒザ蹴り。小宮は後半になると首相撲からのヒザ蹴りを多用し、ボディと顔面をヒザで狙う。藤田は荒っぽくパンチを振り回して小宮の接近戦に対抗する。

 3R、小宮が接近してのショートフック&アッパー、離れると左ローと左ミドル。藤田は右ローを蹴っていくが、小宮が接近戦に持ち込んで試合をやや有利に進めた。

 4R、小宮はこのラウンドも接近戦でショートのボディブローからアッパー、コーナーに詰めてショートパンチを連打する。

 藤田も打ち合って激しい展開となったが、小宮がコーナーに詰めてパンチの連打と顔面へのヒザ蹴りを放ったところで、藤田が左目上をカットして流血。ドクターチェックが入る。このカットは、小宮のパンチが流れてヒジが当たって切れたものと判断された。

 再開後、藤田は“来いよ”と小宮を手招きし、パンチで猛然と反撃。小宮は組んでのヒザ蹴りで応戦する。藤田の流血がひどくなり、2度目のドクターチェック。

 5Rが始まるとすぐにレフェリーが試合を中断し、藤田にドクターチェックが入る。ここでドクターから藤田は試合続行不可能と判断され、試合終了。負傷判定のため5R開始1秒までの採点で勝敗が決せられることになったが、判定はドロー。藤田のドロー防衛となった。

 小宮はリングに座り込み、顔を覆ったまましばらく動かず、悔しさをにじませた。藤田はマイクを持つと「これは防衛したことにはならないので、早いうちに試合がしたい」と語り、記念撮影にも応じずリングを降りていった。

 このすっきりとしない結末に山口元気レベルス代表は、「両選手ともに不本意だろうから、なるべく早いうちに再戦させたい」と決着戦を行うと語った。


▲日下部(右)は一発一発が強力な技を叩き込み、4本目のベルトを獲得

▼セミファイナル(第10試合) REBELS 55kg級王座決定戦 REBELSルール 3分5R
日下部竜也(OISHI GYM/元WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者、元WPMF日本同級王者、元シュートボクシング日本同級王者)
判定3-0 ※50-47、49-47、49-48
出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット)
※日下部が初代王座に就く。

 軽量級の強豪・日下部がレベルスに初参戦。レベルス初期から軽量級のトップファイターとして活躍してきた出貝と、REBELS 55kg級王座決定戦を争う。

 日下部はK-1甲子園で名を馳せ、これまで3本のベルトを巻いてきた実力者。一方の出貝は初のタイトル獲得を狙う。

 1R、出貝の右ローに日下部は突き刺すようなジャブ。序盤はローの蹴り合いでお互いに様子を見合っていたが、後半は日下部が後ろ蹴りからの左レバーブローをヒットさせる。

 2R、出貝はコツコツと右ローを蹴っていき、そのローからの右ストレートをクリーンヒットさせる。日下部は左フック、左アッパーとパンチをまとめ打ち。

 3R、パンチのコンビネーションを回転させる日下部に出貝は鼻から流血。日下部は足への後ろ廻し蹴りから左ミドル、後ろ蹴りから左レバーブローとボディ攻め。さらには三日月蹴りでもボディを狙う。出貝は鼻血がひどくなり、2度のドクターチェックを受ける。

 4R、日下部が後ろ蹴りからの左ストレート、右に左にと構えを変えながらローとパンチで攻める。出貝は右ローを蹴り、後ろ蹴りを返す。

 5R、右ローを蹴り続けていた出貝が右ストレートで攻勢に立つ。日下部は三日月蹴りとパンチのコンビネーション、ローで応戦。両者ともダメージとスタミナ切れで動きが鈍く、苦しそうな表情。出貝がパンチで前へ出て逆転を狙ったが、中盤のラウンドで優勢だった日下部が勝利。4本目のベルトを腰に巻いた。

 日下部はマイクを持つと、「出貝選手は強かった。今までやった相手の中で一番パンチ力があったと思います」と出貝を称え、「自分はベルトを獲ったことはありますが防衛したことがないので、このベルトを守り続けて世界へ行けたらと思います」と王者としての目標を語った。

 

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2013年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る