TOP > 試合結果

【サンボ】団体戦で昨年2位の大阪商業大学が優勝

2013/09/29(日)UP

【インタビュー・動画】勝つための格闘技医学 応急処置編
格闘技専門のスポーツドクターとして「強くなる医学」を研究・実践している二重作拓也先生が、格闘技の試合で起こりえるケガの応急処置法をインタビューと動画でわかりやすく紹介。

▲団体戦、マスターズ、フレッシュマンの3部門で大会が開催された

日本サンボ連盟
「2013年全日本サンボ選手権大会マスターズ
フレッシュマンの部
第13回 全日本サンボ団体選手権大会」
2013年9月29日(日)神奈川・横浜市南スポーツセンター第二体育室

 3人1チームの団体戦、優勝候補は昨年2位の大阪商業大学。また、昨年惜しくも3位決定戦でメダルを逃した三多摩サンボスクールは今年の全日本選手権82kg級を制覇した照井を中堅に据え、優勝を狙える布陣での参加だった。

 三多摩サンボスクール最初のヤマ場は昨年の3位決定戦で対戦したMCアブソリュート。 先鋒の顔合わせは昨年と同様、三多摩・中島とMCアブソリュート・和田。昨年は和田に黒星をつけられた中島だったが、今年はポイントを先行し、レスリングベースの和田も後半追い上げたがわずかに及ばず、リベンジを許した。大将戦では、体重差40kg以上はあろうかという竹内を、三多摩の鈴木が下し、3-0のフルスコアで決勝進出を決めた。

 反対ブロックの大阪商業大学は今年のアジア選手権代表となった北條と金城(アジア2位)を擁し、準決勝を勝ち上がった。

 決勝では、大阪商業大学先鋒の今川が勝利して1ポイントリード。注目の中堅戦は、全日本王者の三多摩・照井がわずかなポイントをリード。猛追する北條の逆転を許さずに1-1とタイに持ち込んだ。大将戦は体重差もあってか、大阪商業大学・金城が盤石の戦いぶりで勝利。大阪商業大学が団体戦優勝を勝ち取った。

 大阪商業大学の金城は10月にロシアで開催されるスポーツアコードコンバットゲームスへの出場も決まっており、アジア選手権に続く活躍が期待される。



 昨年より実施しているマスターズ大会は、年齢別カテゴリー大会。大まかに分けて40代前半と後半(それ以上)で分類しており、40歳の選手の中には全日本選手権で活躍している選手の姿も。昨今の選手寿命の長さを実感できる大会となった。微増ではあるが、参加者数も増加傾向にあるという。

<試合結果>

▼マスターズA(40歳~44歳の部/1969年~1973年生まれの男子)

<68kg級>
1位 森不二夫(横浜サンボアカデミー)
2位 岡 晴彦(横浜サンボアカデミー)
3位 中易俊之(ポゴナ・クラブジム)
3位 隈﨑幸治(アカデミア・アーザ)

<82kg級>
1位 平井善丸(アカデミア・アーザ)
2位 山下和紀(蒲田サンボアカデミー)

▼マスターズB(45歳以上の部/1968年以前生まれの男子)

<57kg級>
1位 綿引竹春(墨田サンボクラブ)
2位 齋藤光昭(川口レスリング連盟)

<68kg級>
1位 冨岡哲也(新潟サンボクラブ)

▼フレッシュマンズの部

<57kg級>
1位 山本晃太(国際武道大学)
2位 仲村暁人(墨田サンボクラブ)
3位 齋藤光昭(川口レスリング連盟)

<68kg級>
1位 萩原匡平(学習院大学)
2位 加藤建彦(菊地商店)
3位 黒沼宗孝(三多摩サンボスクール)    
3位 川合拓磨(国際武道大学)

<82kg級>
1位 内田陽之(菊地商店)
2位 坂本大樹(学習院大学)
3位 歌丸浩一(相模原市社会福祉協議会)
3位 長谷川孝行(横浜サンボアカデミー)

▼第13回全日本サンボ団体選手権大会

1位 大阪商業大学
(監督・笠松紀良/先鋒・今川吉輝/中堅・北條清矢/大将・金城義恒)

2位 三多摩サンボスクール
(監督・田中泰秀/先鋒・中島大輔/中堅・照井新矢/大将・鈴木貴史)

3位 尚志道場
(監督・鈴木雄大/先鋒・鈴木雄大/中堅・本多伸/大将・八巻和馬)

3位 MCアブソリュート
(監督・吉澤昌/先鋒・和田健太郎/中堅・水田博巳/大将・竹内将美)

 

【インタビュー・動画】勝つための格闘技医学 応急処置編
格闘技専門のスポーツドクターとして「強くなる医学」を研究・実践している二重作拓也先生が、格闘技の試合で起こりえるケガの応急処置法をインタビューと動画でわかりやすく紹介。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2013年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック