TOP > 試合結果

【J-NETWORK】メインで勝利の王者・木村に喧太が宣戦布告

2014/02/23(日)UP

J-NETWORK
「J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.36~」
2014年2月23日(日)東京・新宿FACE



▼メインイベント 54kg契約 3分3R ※ヒジあり
○木村健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKバンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも30-27
●清水克彦(DANGER/INNOVATIONバンタム級3位)

 木村は2012年に総勢8名という人数で争われたJ-NETWORKバンタム級王座決定トーナメントを制しタイトルを獲得、昨年5月には初防衛に成功している。だが同年9月のM-FIGHTにて野呂裕貴との王者対決に敗れ、今回が再起戦となった。対する清水はWBCムエタイ日本バンタム級王者・伊東拓馬との対戦経験を持ち、他団体の王者狩りを虎視眈々と狙う。

 1R、清水はインローを当て、木村もローで応戦と、蹴りを軸にした攻防。2Rに入ると木村が一気にプレッシャーを強めて手数を出していく。右ストレートから右ミドル、飛びヒザからのパンチ。清水もパンチとローで応戦するが、木村の粘り強いプレッシャーにコーナーを背負う場面が増える。

 3Rに入っても木村の前進は止まらず、パンチ、バックブロー、そして清水をコーナーに追い込むとヒジの連打でダウンを奪う。再開後、清水もローを返していくが木村の勢いを止める事は出来ず、三者30-27の判定で木村が圧勝した。

「僕の事を知らない人も最後まで残ってくれて有難うございます。そういう人たちが僕の試合を観てまた観たいと思ってもらえるような試合をしていきたい」J-NETWORK随一の『いい人キャラ』を全面に出し、王者・木村は更なる飛躍を誓った。


 


▼セミファイナル 53.6kg契約 サバイバルマッチ1
喧太(フォルティス渋谷/J-NETWORKバンタム級2位、WPMF日本バンタム級6位)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級王者)

 竹内は2011年のK-1甲子園東日本代表決定トーナメントで準優勝した実績を持ち、昨年12月のM-FIGHTにて空位となっていたWPMF日本バンタム級王座を懸けベテランの印南陽介と対戦、3RTKOで下し、現役高校生で悲願の王座戴冠となった。対する喧太は一昨年、J-NETWORKバンタム級王座決定トーナメントにて木村と決勝戦を争った実績を持ち、メイン同様ここで他団体の王者狩りを狙う。

 1R目はお互い様子を見ながらの静かな立ち上がり。喧太が右ローを徐々にヒットさせ、竹内は前蹴りを使いながら右ローをキャッチして右ミドルにつなげる。

 2Rも同じリズムで様子を見る竹内に対し、喧太はフェイントからの右ロー、それを竹内がキャッチしてこかす。だがお互い消極的なため両選手にイエローカードが出される。

 3R、右ローを効果的に当て左ミドルへとつなげる喧太。ようやく前に出始めた竹内も喧太の右ローをキャッチして右ローを返し、組み際に右ひじを合わせる。だが立ち上がりが遅く挽回には至らず、終始ローをヒットさせ優勢に試合を進めた喧太がフルマークの判定勝利で王者狩りを果たした。

 試合後にマイクを握った喧太は「木村(健太郎)選手が持っているJ-NETの(バンタム級の)ベルトを狙っていきたいので応援宜しくお願いします」同日のメインに参戦した木村へのリベンジをアピールした。


 


▼第9試合 フェザー級 サバイバルマッチ1
○NOWAY(フォルティス渋谷/REBELS-MUAYTHAIフェザー級7位)
判定3-0 ※三者とも28-27
●野中大資(Ten Clover Gym/J-NETWORKフェザー級10位、2013年J-NETWORKフェザー級新人王)

 2013年J-NETWORKフェザー級新人王・野中と、昨年10月に“90年代のカリスマ”立嶋篤史を2RTKOで下したNOWAYの一戦は、1R、NOWAYの蹴りにカウンターの右フックを合わせた野中がダウンを奪う。

 2R、今度は首相撲で徐々に優勢になったNOWAYがヒザの連打でダウンを奪い返す。一歩も引けない両者、野中は右ローと右のパンチを繰り出し、NOWAYはミドル、パンチからの首相撲で応戦し、最終ラウンドで競り勝ったNOWAYが逆転勝ちをおさめた。


 

▼第8試合 フェザー級 3分3R ※ヒジあり
鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORKフェザー級8位)
判定3-0 ※29-28、30-29、29-28
●奥泉宣明(TARGET/WPMF日本フェザー級9位) 

▼第7試合 54kg契約 3分3R
堀尾竜司(TRY HARD GYM)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-29 
●千吉良恭平(リーブルロア/J-NETWORKバンタム級9位、2013年J-NETWORKバンタム級新人王)

▼第6試合 スーパーフライ級 3分3R ※ヒジあり
△小暮一輝(リーブルロア)
ドロー 判定1-0 ※28-28、28-28、29-28
△萬田千晴(九州比山ジム)
※萬田が体重オーバーのため減点1スタート

▼第5試合 J-NETWORK 2014スーパーライト級新人王トーナメント1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○どん冷え貴哉(Dropout)
判定2-0 ※29-29、29-28、29-28
●将-masa-(team歌舞伎龍)
※どん冷えがトーナメント準決勝進出  

▼第4試合 J-NETWORK 2014スーパーライト級新人王トーナメント1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○伊東伴恭(いとう・ばんきょう/アカデミア・アーザ)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●大月慎也(Be Well)
※伊東がトーナメント準決勝進出

▼第3試合 J-NETWORK 2014ヘビー級新人王トーナメント1回戦  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○坂本英則(修実館)
判定3-0 ※三者とも30-29
●和久裕治(亀の子道場)
※坂本がトーナメント準決勝進出

▼第2試合 ミドル級 3分3R
○KONZISI BADBOY(MAVERICK)
KO 1R36秒
●浜崎孝久(ムエタイ冠斗ジム)

▼第1試合 スーパーバンタム級 3分3R
○打川翔平(HIDE’S KICK!) ※デビュー戦
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
●工藤“Red”玲央(ファイヤー高田馬場)

 

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック