TOP > 試合結果

【Krush】初代女子王者は朱里!「私がKrushの女子部門を盛り上げます」

2014/03/16(日)UP

▲ヒザ蹴りでダウンを奪った朱里(右)が初代王者になった

グッドルーザー
「Krush-EX 2014 vol.1」
2014年3月16日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント(第7試合) 初代Krush女子王座決定戦 -51kg契約 2分3R延長1R
朱里(WNC/ボスジム)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-8
林 美久(バンゲリングベイ・スピリット)
※本戦は30-29、29-29、29-29

 Krush初となる女子のタイトルマッチ、初代Krush女子王座決定戦を争う朱里と林。女子の試合がメインを飾るのも、Krushでは初めてのことだ。

 1Rは身長・リーチで上回る林がジャブや前蹴りを駆使してペースを掴む。

 しかし2R中盤以降、朱里が持ち前の馬力で前に出て左右のフックを打ち込んでいく。

 3Rには朱里の右のパンチがヒットし、林が後退。朱里が見せ場を作る。

 本戦では30-29(朱里)、29-29が2人と差がつかず、延長戦へ。延長Rでは朱里が林の左ミドルにカウンターの右ストレート、ボディへのヒザ蹴りの連打でスタンディングダウンを奪う。

 このまま試合終了となり、朱里が初代Krush女子王者となった。

 試合後、朱里は「自分がKrushの女子部門を盛り上げます!」と超満員のファンの前で高らかに宣言した。


 

▲1Rにダウンを奪われた山崎(右)が逆転KO勝ち

▼セミファイナル(第6試合) Krush-70kg Fight 3分3R
山崎陽一(シルバーウルフ)
KO 2R2分43秒 ※3ノックダウン
森本一陽(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーウェルター級王者)

 J-NETWORK王者・森本が3度目のKrush参戦、Krushを主戦場にする山崎が迎え撃った。

 1R開始直後から森本が猛ラッシュ。左フックで先制のダウンを奪う。いきなりピンチを迎えた山崎だったが、2Rに入ると息を吹き返し、左フックでダウンを奪い返す。

 ここから山崎はパワフルなパンチの連打で2度のダウンを奪い、逆転KO勝利。試合後、山崎は4月15日(火)東京・後楽園ホールで開催の『Krush.40』で行われるKrush-70kg級タイトルマッチ(王者・城戸康裕vs挑戦者・中島弘貴)の勝者への挑戦をアピールした。


 

▲不戦勝となった堤(左)がエキシビションマッチで出場

▼エキシビションマッチ 3分1R
-堤 大輔(チームドラゴン)
エキシビションのため勝敗なし
山本優弥(Booch Beat)
※堤と対戦予定だった剛王が失格負けのため、堤が不戦勝扱い

 前日計量でリミットを3.5kgオーバーした剛王が失格負け。第5試合は中止となり、堤と山本のエキシビションマッチとなった。派手な蹴り技を交互に繰り出すなどしてファンを楽しませた。

 4月15日(火)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.40』で-67kg級王座決定戦(対戦相手は牧平圭太)が決まっている優弥は「王座決定戦でしっかり勝って、堤選手のような素晴らしい選手と試合できるように頑張ります」と挨拶。不戦勝となった堤は「試合がなくなったのですが、勝ちになったのでよしとします」とエキシビションマッチを締めくくった。


▼第4試合 Krush-70kg Fight 3分3R
○内山政人(Funny-G)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
●秋元和也(シルバーウルフ)

▼第3試合 Krush-55kg Fight 3分3R
伊澤波人(チームドラゴン)
判定3-0 ※30-24、30-23、29-25
●貴章(Gwinds)

▼第2試合 Krush-60kg Fight 3分3R
○松野祐貴(NPO JEFA)
判定3-0 ※三者とも30-29
●落合 淳(STURGIS新宿ジム)

▼第1試合 Krush-58kg Fight 3分3R
○鈴木雅博(チームドラゴン)
判定3-0 ※三者とも30-27
●翔太(シルバーウルフ)

▼オープニングファイト Krush-63kg Fight 3分3R
○本村謙太(Booch Beat)※デビュー戦
KO 2R1分59秒 ※左ハイキック
●TAKANARI(Club E.D.O.)※初参戦

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る