TOP > 試合結果

【修斗】大尊伸光が衝撃のKO勝ちで環太平洋王座に就く

2014/03/16(日)UP

▲大尊(右)が衝撃のKO勝ちで王座に就いた

サステイン
「2014年プロフェッショナル修斗公式戦 第2弾」
2014年3月16日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第10試合)環太平洋ウェルター級チャンピオンシップ 5分3R
○大尊伸光(たいそん・のぶみつ/総合格闘技津田沼道場/環太平洋ウェルター級7位/挑戦者)
KO 2R4分
佐々木信治(総合格闘技道場BURST/環太平洋ウェルター級王者)
※太尊が第7代王座に就く。

 昨年1月、悲願だった修斗環太平洋ウェルター級王座に就いた佐々木が、初防衛戦を迎えた。挑戦者の大尊はマッチョボディの持ち主で、どんな体勢でも殴りにいくスタイル。昨年行われた「インフィニティトーナメント2013」で優勝し、今回のチャンスを手にした。

 1R、佐々木は相手の左フックをかわしつつタックルに入り、そのままロープに押し込む。大尊はロープ際で体勢を入れ替えようと試みるも、佐々木がテイクダウンを奪う。ところが大尊は驚異的な身体能力で、佐々木の体を跳ね上げてトップを奪い返し、抑え込んだところでファーストラウンドを終えた。

 2R、大尊が1Rよりも大きく強いパンチを振るう。佐々木はディフェンスしようとするも、パンチの勢いでバランスを崩してしまう。それでもなんとか組みついた佐々木が、再びテイクダウンを狙うものの、上になったのは大尊のほう。佐々木は下から得意の三角絞め、腕十字。

 ブレイクがかかり、試合がスタンドから再開すると、佐々木の右をガードした大尊が返しの左フックを放つ! これが見事にアゴを捉え、佐々木はダウン。そのまま大尊がパウンドで追撃すると、レフェリーが試合をストップした。

 衝撃のKOで初の戴冠となった大尊は、試合後にマイクを握り、環太平洋王者として修斗ウェルター級を盛り上げていくと宣言した。


▲根津(右)がローキックを多用して判定勝ち、決着戦を制した

▼セミファイナル(第9試合)環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R
○根津優太(和術慧舟會東京道場/環太平洋フェザー級8位)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●小野島恒太(Combat Workout Diamonds/環太平洋フェザー級1位)
※根津が第4代王座に就く。

 両者はこれまでに2度対戦し1勝1敗のイーブン。

 3度目の対戦を前に小野島は「2回とも判定だったので今度は完全決着をつけたいと思います」とコメントしている。

 1R、開始早々から根津がロー。ステップを踏みながら、左右の蹴りを繰り出し、小野島の奥足を狙っていく。小野島が中に入ろうとすれば、根津もストレートのパンチで近づかせず、自分の距離を保つ。

 コーナー際での組み合いで小野島がバックに回ろうとする場面もあったが、根津は体勢を入れ替えながら左フック! このパンチで一瞬、小野島の動きが止まる。

 2R、根津のローのタイミングを掴んだか、小野島はカットあるいは蹴り足のキャッチを何度も試みる。すると根津は小さいローと大きいローを打ち分け、ペースを握らせない。

 3Rに入ると、小野島もローで対抗するが、時すでに遅し。根津のステップとローが止まることはなく、試合のペースを取り返せないまま試合終了のゴングを聞いた。

 判定は3-0で根津。見事なムエタイスタイルで王座奪取に成功した。


▲代打出場の高橋(右)が世界ランカー土屋(左)に番狂わせの勝利

▼第8試合 ライト級 5分3R
○高橋遼伍(KRAZY BEE)
TKO 2R3分27秒
●土屋大喜(roots/世界ライト級6位)

 当初、土屋は星野勇二(和術慧舟會GODS)との対戦が決まっていたが、星野が指を負傷、左環指挫創、計15針を縫いドクターより全治2週間の安静が必要と診断された。代わって高橋が土屋と対戦することに。高橋は抜群の当て勘と前進を止めないファイトスタイルを信条とする。

 1R、高橋が回りながら強烈なローを繰り出していく。土屋は長いジャブとストレートを放つが、単発に終わる。直前に対戦相手が変更になったためか、距離感が掴めていないように見える。反対に高橋はガッチリと作り上げた肉体から打撃を繰り出し、ペースを掴む。

 土屋のパンチが遂にヒット。体勢が崩れた高橋に組みつき、バックに回ってパンチを落としていく。だが相手を仕留めることはできず、反対にまた距離を取られてしまう。

 2R、高橋が強いミドルとローで、試合を優位に進める。土屋も打撃で攻め込む。しかし高橋の右ローを効かされ、オーソドックスからサウスポーにスタンスを変えたところで、レフェリーが試合を中断。

 土屋は昨年7月の中村好史戦で左肩を脱臼しており、それが再発してしまったようだ。ここで試合はストップ。高橋が番狂わせの勝利をつかんだ。


▲3Rに内藤がテイクダウンに成功、上から攻撃する

▼第7試合 世界フライ級チャンピオン挑戦者決定戦 5分3R
内藤のび太(パラエストラ松戸/世界フライ級5位)
判定3-0
正城ユウキ(クロスワンジム湘南/世界フライ級2位)

 世界フライ級王座への挑戦権を懸けて、正城と内藤が対戦。正城はこれまで2度バンタム級で世界王座に挑んでいるが、いずれも敗れている。このチャンスをつかんで3度目の挑戦なるか。一方、内藤は6戦6勝と無敗の快進撃を続けている。

 1R、正城は手と足を小刻みに動かしながら距離とタイミングを計り、組みついてコーナーに押し込んでいく。内藤も体勢を入れ替えていくが、正城のほうが押し込んでいる時間は長い。ただし、押し込みながらも相手にダメージを与えることはできず。

 2R、内藤のタックルを切り続ける正城。ここで内藤は、組みつかれないよう自分から距離を取り、ロングのジャブと右ストレートをヒットさせる。この作戦変更が功を奏したか、正城は1Rのように組みつき押し込むチャンスを得られない。

 3R、同様に距離を取りパンチを当てる内藤。正城は組みつくため、頭を振りながら中に入るが、やはりそこからダメージを与える展開に持ち込めない。反対に内藤がテイクダウンに成功。コツコツとパウンドを落とし、このラウンドを制した。

 3-0で判定をものにした内藤は、これで世界フライ級王座挑戦権をゲット。試合後にはなぜか本人ではなくセコンドの鈴木ジャイアン貴裕が、バルコニーで試合を見ていた同級世界王者・室伏カツヤを挑発し、室伏も帽子を脱いで応えていた。



▼第6試合 フェザー級 5分3R
直撃我聞(フリー/環太平洋フェザー級9位)
判定2-1
●藤原敬典(スピニングガレージ/ZSTバンタム級王者)

▼第5試合 バンタム級 5分3R
ー北原史寛(パラエストラ札幌/世界バンタム級8位)
試合中止
井上 学(UWFスネークピットジャパン/世界バンタム級10位/元バンタム級キング・オブ・パンクラス)
※北原が脱水症状のためドクターストップ

▼第4試合 インフィニティリーグ2014公式戦 フライ級 5分2R
○マッチョ“ザ”バタフライ(総合格闘技道場コブラ会/世界フライ級8位)
判定2-0
●ATCHアナーキー(パラエストラ東京)

▼第3試合 インフィニティリーグ2014公式戦 フライ級 5分2R
○飛鳥 拳(パラエストラ松戸)
判定3-0
●飯野タテオ(和術慧舟會HEARTS)

▼第2試合 インフィニティリーグ2014公式戦 ライト級 5分2R
△斎藤 裕(パラエストラ小岩)
ドロー 判定0-0
△城田和秀(足利ファイトクラブ)

▼オープニングファイト(第1試合) ウェルター級 5分2R
○菅原和政(MASTER JAPAN)
KO 1R5分
●coBa(SHOOTO JAM WARTER)

 

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック