TOP > 試合結果

【修斗】冨樫健一郎が地元・広島でノーガードの打ち合いを制す

2014/05/25(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

▲冨樫(右)が鈴木(左)との打撃戦を制した

TORAO NATION STATE/インターナショナル修斗コミッション
「プロフェッショナル修斗公式戦 
闘裸男 13th」
2014年5月25日(日)広島・マリーナホップ・マーメイドスペース

▼メインイベント(第8試合) ウェルター級 5分3R
○冨樫健一郎(パラエストラ広島)
判定2-0 ※29-29、29-28、29-28
●鈴木淑徳(パラエストラ松戸)

 メインにはクラスAトップの冨樫健一郎が、約6年ぶりに地元・広島大会に参戦。現在、2連続KO勝利中と勢いに乗る鈴木淑徳を迎え撃った。

 1R、サウスポーの冨樫に対し、鈴木は重いストレートだけではなく蹴りを織り交ぜ様子を伺う。ときおり冨樫の鋭いジャブがヒットするが、鈴木も右ストレートやミドル、テンカオで迎撃。早い段階で両者にドクターチェック(右目尻から出血)が入るなど、両者の打撃が顔面を捕らえる場面が多く見られる。

 鈴木の右フックで冨樫が尻餅をつくなど激しい打撃の応酬が続くなか、冨樫が差し合いからテイクダウンに成功し、その流れでマウントまで奪取。パウンド、三角絞め狙いと攻めを続けた富樫が、終盤の優勢を保ったまま1Rを終える。

 2Rに入っても両者のスイッチは入ったまま。足を止めてのノーガードの打ち合いが、幾度となくリング上で展開される。そんななか冨樫の左ストレートが、鈴木のアゴにヒット。明らかに効いているが、鈴木もここは意地でダウンを許さず、すぐにパンチを打ち返していく。

 バチバチの展開はラウンド終了間際まで続き、館内のボルテージも最高潮に。終盤にテイクダウンからマウントを奪われた鈴木だが、ここはゴングに救われる形となった。

 3Rはそれまでと違って、冨樫が得意とするアウトボクシングの展開に。的確に右のジャブを突き刺し、鈴木の進撃を許さない。時間が経過するごとにジャブも冴え、鈴木の攻めは単発のみに。結果、要所を締めた冨樫が判定2-0ながら勝利。2011年の小知和戦以来となる、修斗での白星を手中に収めた。

 なお闘裸男の次回大会は、11月9日(日)福岡の中心地・天神のど真ん中に位置する西鉄ホールで開催されることが発表された。


▲小蒼が背後からパンチを連打する

▼セミファイナル(第7試合) フェザー級 5分2R
○小蒼卓也(スカーフィスト)
TKO 1R1分33秒
●岡田剛史(TKエスペランサ)

“広島の極め職人”岡田剛史が、4年ぶりに修斗に参戦。現在、5連敗中と後がない小蒼卓也を相手に、修斗復帰戦に臨んだ。

 1R、ゴングと同時に小蒼が打撃でプレッシャーをかける。岡田も果敢に打ち返していくが、距離を詰めた小蒼が右フックを放つと、これがモロに岡田のアゴにヒット。糸が切れたように尻餅をついた岡田に対し、小蒼はすぐにパウンドと鉄槌の連打。

 必死にガードし小蒼の体にしがみつく岡田だが、小蒼は手を休めることなくパウンドを落とし続ける。亀になった岡田が防戦一方になったところを見て、レフェリーが試合をストップした。


▲ローブローを受けた虎刃殺獅は試合続行不可能になってしまった

▼第6試合 ライト級 5分2R
○虎刃殺獅(こばやし/NEW GROUND)
反則失格 1R2分16秒
●中山浩彰(パラエストラ広島)

 打投極の回転を体現する中山浩彰と、グラップリング力に定評のある虎刃殺獅の一戦。裏メインとして注目を集めたが、差し合いの状態で中山がヒザ蹴りを放つと、これが虎刃殺獅の下腹部を直撃。数分間の中段でも虎刃殺獅の震え、嗚咽が収まらないためドクターは続行不可能と判断。実力者同士がぶつかった好カードは、残念ながら消化不良の形で幕を閉じた。


 

▼第5試合 バンタム級 5分2R
△Dr.takuya(総合格闘技道場BURST)
ドロー 判定0-0 ※19-19(三者とも)
△亀島聖児(アンドレイオス)

▼第4試合 フライ級 5分2R
○蒔田“Gandhi”伸吾(パラエストラ広島)
判定2-0 ※19-19、20-18、20-19
●ふじい☆ペリー(総合格闘技道場BURST)

▼第3試合 -72.0kg契約 5分2R
○pie☆rrot(総合格闘技道場BURST)
判定2-1 ※19-18、19-18、18-19
●ゲーリーノムライト(MMA修斗ジムBLOWS)

▼第2試合 フライ級 5分2R
△Red Pine☆大助(総合格闘技道場BURST)
ドロー 判定0-0 ※19-19(三者とも)
△阿部剛(TKエスペランサ)

▼第1試合 2014年度新人戦トーナメント1回戦 バンタム級(-56.0kg) 5分2R
○建部誠二(TEAM PLAN)
一本 1R1分53秒 ※腕ひしぎ三角固め
●津村舞騎咲(ゼロ戦クラブ水島支部)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果