TOP > 試合結果

【RISE】小宮山の前蹴り光るもゲーオがダウンを奪い勝利

2014/07/12(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

稲石竜弥(右)を僅差の判定で下した郷州力(左)

▼第2試合 -61kg契約 3分3R延長1R
郷州 力(PHOENIX/RISEスーパーフェザー級4位)
判定2-0 ※30-28、29-29、29-28
稲石竜弥(Team OJ/REBELS 60kg級2位、APKFスーパーフェザー級王者)

 6月のビッグバンでRISEスーパーフェザー級1位・花田元誓を破った稲石がRISEに殴り込み、4位の郷州が迎え撃った。

 いつも通りに郷州がパンチとヒザ蹴りで前へ出る。

 稲石は左右の大振りなフックと後ろ蹴り、バックハンドブローなどを繰り出すが、郷州の前進は止まらない。1、2Rは圧倒的な手数で上回っていた郷州だったが、3Rは稲石がヒット数で巻き返した。判定2-0で郷州が勝利。


 

那須川天心(左)が左ハイで衝撃のKO勝ち

▼第1試合 バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/KAMINARIMON-35kg級王者、極真空手全世界大会優勝、全世界アマチュアムエタイ金メダル)※デビュー戦
KO 1R58秒
●有松 朝(リアルディール/RISEバンタム級7位)

 ジュニアのタイトルを総なめにした那須川が、16歳になって注目のデビュー戦。いきなりバンタム級ランカーの有松と対戦したが、サウスポーから繰り出すパンチと蹴りで圧倒。左ストレートでダウンを奪うと、最後はパンチ連打からの左ハイキックでKOし、衝撃デビューを飾った。 


 

▼オープニングファイト第5試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
野辺広大(1-siam gym)
判定3-0 ※三者とも29-28
●TASUKU(リアルディール/スーパーフェザー級8位) 

▼オープニングファイト第4試合 -56.5kg契約 3分3R
佐野貴信(創心會/2013年KAMINARIMON全日本大会60kg級優勝・MVP選手)※デビュー戦
KO 3R1分42秒 ※パンチ連打
●貴哉(MKSキックボクシングジム)

▼オープニングファイト第3試合 KAMINARIMONトーナメント-65kg級 決勝戦 2分2R
○佐々木秀樹(創価大学キックボクシング部 丈夫会)
判定3-0
●櫻井 光(STURGIS新宿ジム)

▼オープニングファイト第2試合 KAMINARIMONトーナメント-60kg級 決勝戦 2分2R
○村山智耶(HAYATO GYM)
判定2-0
●佐野佑馬(創心會)

▼オープニングファイト第1試合 KAMINARIMONトーナメントジュニア-50kg級 決勝戦 1分30秒2R
○山浦力也(北斗会館)
判定3-0
●高山楓真(拳道塾)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック